1. まとめトップ
  2. カラダ

間違ってるかも?ニキビが出来やすい人のスキンケアの特徴

肌質、体質などにより、ニキビが出来やすい人とそうでない人がいますよね。ニキビを繰り返していたり、治りにくい人は、スキンケア方法が間違っているかも知れませんので、見直してみませんか?

更新日: 2016年08月16日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
879 お気に入り 408275 view
お気に入り追加

あ~、ニキビが・・・!

取り敢えずニキビ出来たし当分は会わない方がいい気が…

遺伝などで、特にニキビが出来やすい人も・・・。

ニキビは、誰にでも出来てしまうものですが、遺伝などにより、特に出来やすい人もいるそうです。

なりやすいかどうかは、ある程度細胞が決定してしまっている

ニキビや吹き出物などの肌荒れは、ストレスや生活習慣などの他に“遺伝的体質”が大きな原因となっている場合があります。

※ニキビが出来やすい人のスキンケアの特徴とは?

ニキビを繰り返していたり、治りにくい人は、スキンケア方法が間違っているかも知れません。

▼化粧水を使わない。

ニキビが出来やすいからと、何も付けないでいませんか?肌の水分補給が出来ていないとそれを補うために過剰に皮脂が分泌されてしまいます。
しっかり保湿して、乾燥を防ぎましょう。

肌は乾燥すると、少しでも多くの水分を保持しようとして、角質を厚くする性質があります。角質が厚くなると、どうしても毛穴の出口をふさいでしまいやすくなります。出口をふさがれた毛穴は、皮脂の分泌量がとくべつ多くなくても、皮脂が詰まりやすくなります。

化粧水で洗顔で失われた水分を与えて、肌を整えたらその後の美容液や乳液やクリームで潤い成分をしっかり補給して肌をラッピングして乾燥から肌を守る。

▼多過ぎる洗顔と、洗顔時の洗い残しも原因に。

洗顔して、肌を清潔に保つことも大切ですが、多過ぎる洗顔はNGです。
洗い残しのないように、しっかりとすすぎましょう。

ニキビが気になるからと言って1日に何回も洗顔する方がいますが、洗い過ぎは必要な皮脂まで洗い流す恐れがあり、逆効果になる場合があるので注意が必要です。

フェイスラインやアゴは泡や水が伝いやすい場所なのでニキビができやすいのです。洗い残しがないようにきちんと泡を綺麗念入りに流すようにしましょう!

▼メイク道具を洗っていない。

ニキビを早く治したい場合は、メイク道具にも目を向けて行きましょう。

定期的に中性洗剤や石鹸を使って洗いましょう。
キレイなメイク道具を使えば、肌にも良く、お化粧ノリも違って来ます。

お手入れを怠ったメイク道具を使うと、それらを顔につけているようなもので、ニキビの原因の一つに

基礎化粧品をいくら替えても治まらなかったニキビが、スポンジを清潔にしただけでおはずかしながらひいていきました、という女子も!

▼あぶらとり紙の多用。

あぶらとり紙そのものが悪いわけではなく、皮脂を取り過ぎることによって、皮脂が不足していると認識し、過剰に皮脂分泌されるようになってしまいます。

余分な皮脂をとってくれると思いがちですが、使用し続けるとベタつきが強くなってしまいます。

皮脂を取り過ぎると、皮膚が乾燥していると勘違いしてしまい、さらに皮脂を分泌するという“テカリの連鎖”を引き起こします。また刺激がニキビに悪影響を与える

あぶら取り紙を使う時は回数を少なくしたりあまり擦らないようにしたりギュッと強く押さえないようにしたりして優しく取るようにしてみてください。

1 2





lulu0803さん