1. まとめトップ

iPhone紛失時に見つける方法まとめ

iPhoneってGPSで探せるっていうけど、実際になくしたら警察とか動いてくれるのかな?とか思ってまとめてみました。

更新日: 2015年06月23日

11 お気に入り 452297 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

immaztktさん

「iPhone を探す」機能

iPhoneは探せるんです!えっ?どういうことかって?

「iPhone を探す」は、お使いの iPhone、iPad、iPod touch または Mac の紛失や盗難が発生した場合に、デバイスの所在地を検出して保護するのに役立ちます。

なくしたときに、GPS機能を使って見つけることができる機能

iPhoneをなくしたら、MacやiPadで探せる
逆もできる
MacやiPadの位置をiPhoneで見られる。

以下を行うことができます:
・地図でデバイスの位置を調べる
・サウンドを再生してデバイスを見つける
・紛失モードを使ってデバイスをロック、追跡する
・デバイス上のすべての個人情報をリモートで消去する

実際に無くしたら・・・

自分のiPhoneに電話をかける

よい人が拾ってくれていれば、ここで回収できるかも・・・

見つかれば → めでたし!
iPhoneが電源OFFの場合や、繋がらない場合は下へ

iCloudの「iPhoneを探す」にアクセスして、慌てず遠隔でパスコード設定しよう!

放置されていたり,拾った人が意図的に出ない場合や電源を切れている場合があるので、ここで最低限のセキュリティを設定。これだけでも連絡帳やSNSの情報漏洩を遅らせることができます。

「iPhone を探す」でおおまかな現在地をおさえて、最寄りの交番をあたってみる

近くにお店や交番などがある場合は電話してみると「おとしもの」や「紛失物」として届けられている場合があります。

見つかれば → めでたし!
iPhoneに最低限のセキュリティを設定したら下へ

警察は、GPSの反応があっても、面倒くさいらしく、とにかくあまり動きたくない様子

紛失で警察は探してはくれません。
見つけてくれたら連絡してくれる程度です。

10日以上経ってソフトバンクからiPhoneが見つかったとの連絡が封書で届きました。

警察がiPhoneを見つけた場合、キャリア(au,docomo,SoftBank)から封書が届きます。
時間がかかるので注意

警察にあれば → めでたし!
まだ見つからないときは下へ

iCloudから、最後の手段「iPhoneを消去」

万が一を考え、iPhoneをリモートで消去するように設定します。これでiPhoneがネットワークにつながった瞬間初期化されます。
見つかった後、復元できるので見つかるまでこれで待機

これでiPhoneの個人情報を守れます。
では最後まで見つからないときは下へ

携帯電話が見つからない場合は、不正利用防止のためにも回線の停止(24時間受付)をおすすめいたします

暗証番号が必要になりますが、電話1本で止めることができます

見つからないorz・・・、再購入を検討

各社補償サービスに加入していれば、盗難・紛失による再購入のときに補償を受けることができます。(加入については各社リンクを要確認)

[補足] それでも見つけたい!捜査してみた人たち

結果、見事に最もGPSの反応が最後にでていた場所に近い「黒い車」の持ち主の名前が判明しました。家までも判明。
さらになんとその人の職業が

タクシー運転手

であることが判明しました。

一連の捜索の様子が綴られてますが、なかなかハードルが高いし
拾った人がやばい人だとかなり危険・・・

1 2