1. まとめトップ

友達への”お悔やみの言葉”あなたはどうしてる?

友人に告げられた時、言葉につまることがあります。その対処の仕方についてまとめてみました。

更新日: 2015年09月24日

498 お気に入り 4102121 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiepitaさん

◆お悔やみの言葉とは

◆一般的なお悔やみの挨拶

「このたびはご愁傷さまです」
「心からお悔やみ申し上げます」
「胸中お察しいたします」
「このたびはとんだことで・・・」
「あまりに突然のことで信じられません。どうぞお気を落とされませんように」
「急なお知らせで、慰めの言葉もございません。どうかお力を落とされませんように」

などがあります。

◆友達に「お悔やみ申し上げます」は違和感?

◆例えばこんなお悔やみの言い方がある

堅苦しい言葉よりも親身になってあげる言葉の方が心強いものです。

友人なら「こういう場合、なんて言って良いのか分からないけど・・・」

と、前置きをして文章をつなげるパターンもあります。
次の文章がより自然になりやすくなります。

「突然のことで言葉もみつからないけど、お悔やみを申し上げます。私にお手伝いできることがあったら何でも言ってね。」

親身になる言葉を組み合わせて、”お悔やみを申し上げます。”と加えると、自然で思いがより伝わります。

「大変だったね。つらい時に力になれなくてごめんね。何か私にできることがあれば、何でもするよ。」

飼い主にとってペットは家族です。その気持ちで思いを伝えましょう。

◆何も言わないのも1つ

私「佐藤………!」
黙ってファイティングポーズ。
私が佐藤くんに対してとった言動です。
あれこれ喋るのは安っぽい気がします。

「この度は……」で頭を下げればバッチリです。
言葉にならなくてもいいのです。
弔意を表すのは「態度」です。

この言葉は避ける

挨拶するときには「病状・死因」を聞くことは失礼にあたりますし、「忌み言葉」を使わないようにすることも最低限のマナーです。

忌み言葉

・重ね重ね
・たびたび
・またまた
・重々
・いよいよ
・再三
・再四
・ますます
・返す返すも
・次々
・追って
・再び
・続く
・なお
・浮かばれぬ

生死に関する直接的な言葉は避ける

このように言い換えます↓
・死ぬ、死去⇒「ご逝去」「ご永眠」
・生きる、生きている時⇒「お元気な時」
・悲しい⇒「断腸(だんちょう)」「傷心」

▼参考リンク

▼関連まとめ

1 2