1. まとめトップ

どかーん

※ビグローさんごめんなさい

2013年地雷邦画ランキングとは

あーこんな映画に1300円も出すんだったら、
何かちょっとうまいもんでも食べれば良かった・・・
なんて思ったことは一度もありません ※個人の意見です
地雷を踏むのもまた人生
2013年、踏み抜いた地雷たちへ捧げる
2013年地雷邦画ランキング

●対象作品
2013年1月1日〜2013年12月31日までに公開された日本映画
※日本映画=制作国で日本が含まれるもの(約500本)

●参加者
上記対象作品を50本以上観ていて、なおかつこの企画に乗る奇特な人たち
※名前(twitterアカウント)/観た本数

・籠さん(@cage0313)/70本
・ゲリオットさん(@geri_otto_mrs)/95本
・ゴズィラさん(@godzilla_4423)/122本
・Kさん(@kseigazaxtukann)/69本
・くるぶしさん(@kuru_busi)/54本
・れいさん(@rei013)/172本
・ヤックルさん(@tabby_yackle)/78本
・坪井俊弘さん(@TcinemaholicT)/173本
・とと(@t0t08)/149本
・ゆっきーさん(@yukikoppu)/74本

●選定方法
下記の方法で集計し、得点の高い順にランキング
・各人10本を選出(1位:10点 2位:9点 3位:8点・・・・9位:2点 10位:1点)
 ※10本では物足りない場合、11位以下も設定可能。11位以下は全て1点で計算
 ※集計の結果同点の場合、投票人数が多いものを上位

昨年の結果

20位~11位

●20位『貞子3D2 』9点(2人投票)
(とと)スマ4D上映じゃなかったら年間ワースト級の中身のなさ
(れい)とても面白かったですよスマ4D!話は思い出せません。
(坪井)○Jホラーにバタ臭い耽美主義を導入しようとした点は買う。今回はヌケが甘かったな。
(ゲリオット)ウチのスマホがスマ4Dに対応して無かったの血の涙を流しました。
(籠)スマ4Dで観ればよかったのか?「風立ちぬ」の薄幸ヒロイン(声)がホラーの主役ってスターダストは仕事を選ばない。昼夜・室内外問わずほとんど仄暗いのはお約束なのか趣味なのか3D含めて理解できない。石原さとみにあんなことさせるのなら唇を強調する位はしてほしいし死ぬ人達が無名過ぎて笑うこともできなかった。
(くるぶし)貞子の扱いがひどい。せっかく1章で貞子虫を生み出したのだからそれを活用していればもっとネタ的に楽しめたのかもしれない。

●19位『映画 謎解きはディナーのあとで』9点(3人投票)
(とと)安っぽいのはそういうものだってことでわかるんだけど、ミステリー部分が雑すぎる。最近竹中直人が出てくると嫌な予感しかしない。
(れい)もうこういうノリのシリーズだと割り切ったのでけっこう楽しく見ました。
(坪井)×こんなのは「謎」とはいえないのでディナーはおあずけだ。
(ゲリオット)主役がダブルメガネというのは珍しいのでメガネ好きには良いんじゃないですかね。
(くるぶし)結局のところは桜井くんがイケメンで北川景子がかわいいということで、謎とかディナーとかが目的ではないやつ。

●16位タイ『タバコイ タバコで始まる恋物語』10点(1人投票)
(れい)発想は面白いのですがそれを自ら殺すような内容で非常に残念でした。

●16位タイ『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』10点(1人投票)
(とと)総集編にすると味が濃縮されすぎて気持ち悪くなる。
(坪井)△隣の席のパツキンピアス兄ちゃんが号泣していたのでヨシとします。
(ゴズィラ)新規シーンの挿入が秀逸で、まっさらな新作映画を観ている気分になりました。
(ゲリオット)とても受け入れがたい映画。楽しげなのがまた怖い。
(くるぶし)TVシリーズを見ていないとついていけないし、感情移入する暇もなく終わってしまった感じ。TVシリーズみます。

●16位タイ『渾身 KON-SHIN』10点(1人投票)
(とと)伊藤歩が楽しそうだったし、塩映画としては一流なのは間違いない。
(れい)終盤のテンポが悪いですが、青柳翔さんと塩の迫力がよかったです(笑)
(坪井)×自動筆記のようなストーリーは退屈だ。
(ゆっきー)渾身の思いで川崎まで見に行ったのに、スローな展開で眠かったです。

●14位タイ『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇』10点(2人投票)
(とと)前篇というよりは予告編に近い
(れい)前篇後篇でそれぞれ正規料金を払わせる内容ではなかったと思います。
(K)大人の事情で2部作に分けたせいで、クライマックスはTVドラマ、もっと言えば、「ケイゾク」以来の熱心なファンでないと昂らない。
(坪井)×××「公開直前!特番」だろ、これ。これで1800円も金取るか普通。
(ゲリオット)ファン向けとはいえ水増しのような回想シーンばかりでは納得しかねる出来。

●14位タイ『さまよう獣』10点(2人投票)
(ゴズィラ)鑑賞から一年が経ち、終盤にダラダラと走っていたシーンしか思い出せません。
(ゆっきー)結局、彼女が何をしたかったのかよく分からないし、後半の展開も安易な気がしました。
(籠)主役は役者として開眼したのか?ただ劣化したのか?メリハリを単に演出出来なかっただけなのか?トマトの出てくる男女の話としては多少の雰囲気は感じることが出来るがなんだか消化不良…「おだやかな日常」でのミネラルウォーターに続いて、ジンジャエールの辛口とか言ってるのに色が薄いとか今回も詰めが甘い…

●13位『プラチナデータ』11点(2人投票)
(とと)予告の囁きとダムしか印象に残ってない。ストーリー展開はかなり強引。
(れい)ワーストというほどでもないですが、面白くはなかったです。
(ヤックル)ロケ選びとか、全て説明してしまうセリフとか、全体を通して短絡的な印象。童顔の二宮に黒のスーツ着せてるのも良くなかった。
(坪井)×ダム日帰りツアーはせつない。せめて一泊。
(ゲリオット)スケールがデカいようでいて小さいし、最初にデカかったと思ったのも幻想でしかなかった。
(ゆっきー)トヨエツ主役の方がよかったです。
(くるぶし)天才科学者の身体能力の高さにずっとにやにや。ラストの展開に驚きもしなかったのはおそらく予告のせい。

9位タイ「タイガーマスク」 13点(2人投票)

出典eiga.com

梶原一騎の同名コミックを初の実写映画化。
マスクを装着すると特殊な能力を発揮するなど新たな設定を加え、新しいタイガーマスクを生み出すことに挑戦した意欲作。

監督:落合賢
脚本:伊藤秀裕、江良至、落合賢、マイケル・ウェルス・ショック
出演:ウエンツ瑛士、夏菜、哀川翔

●コメント
(れい)悪くはなかったですが「誕生編」とエクスキューズしておくのが無難だったと思います。
(K)原作と違うとか、そういう問題ではなく、映画として酷い。監督の落合賢は、「ハリウッド出身」との触れ込みだが、出身地の話かな?
(坪井)×資金繰りに行き詰まったような虎の穴本部。首領部屋の「虎の穴像アニメ絵」が悲しい。
(ゲリオット)予算無い中で頑張ってるのは伝わるけど、温かい目で見守るのも限界がある。

9位タイ「受難」 13点(2人投票)

姫野カオルコの小説を映画化。

監督:吉田良子「惑星のかけら」
脚本:吉田良子「惑星のかけら」
出演:岩佐真悠子、古舘寛治

●コメント
(とと)ファンタジーの中に生っぽいものをバランス悪く放り込んだ結果、ものすごく気持ち悪いものになってしまった。岩佐真悠子の脱ぎ目当てだったとしてもオススメしない。
(坪井)×絵に描いたような無駄脱ぎ。作り手の独りよがりによる「屋外全裸疾走」が気の毒すぎ。
(ゆっきー)下ネタは別にいいけども、出てくる人みんななんかおかしい。岩佐さんの脱ぎっぷりはよかったけど、色気なかったなー。

9位タイ「清須会議」 13点(2人投票)

出典eiga.com

織田信長の跡継ぎを決めるために開かれた清須会議を舞台にした歴史群像エンタテインメント。

監督:三谷幸喜「ザ・マジックアワー」「ステキな金縛り」
脚本:三谷幸喜「ザ・マジックアワー」「ステキな金縛り」
出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、染谷将太、篠井英介、戸田恵子、近藤芳正、浅野和之、中村勘九郎、天海祐希、西田敏行

●コメント
(とと)即物的なコメディで押し通してきた三谷映画がついにコメディですらなくなった。
(れい)ここ最近の三谷作品はまったく合わなかったのですが、本作はとても楽しかったです。
(ヤックル)メンツの豪華さからは考えられないクオリティの低さ。苦痛以外の何物でもない2時間超でした。(キャパの関係上)IMAXシアターで観たことは評価に含まれていません。(多分)
(坪井)×作り手の感じる面白味と観客の感じる面白味がズレはじめていると思う。
(ゴズィラ)歴史音痴な私には丁度良かったのですが、役所広司はミス・キャスト過ぎます。
(ゲリオット)凄く好きですが、伊勢谷君の股間が危険すぎるので何とかして欲しい。
(くるぶし)メインの話よりもサブで動いてる豪華キャストの面々に目がいってしまい、最終的に脳裏に焼き付いているのは剛力さんの顔。

9位タイ「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」 13点(2人投票)

タイムワープして、歴史に埋もれた真実をスクープするタイムスクープハンターの活躍を描くNHKの人気番組の映画化。

監督:中尾浩之
脚本:中尾浩之
出演:要潤、夏帆、杏、時任三郎

●コメント
(とと)元々映画化には向いてないものを映画にしているわけで、そこは予想良い意味で裏切ってくれる工夫はなかった。ただ夏帆ファンは必見。
(坪井)×そもそもこの番組のドラマは添え物。それを勘違いしちゃいましたねえ。
(ヤックル)脚本が無茶苦茶な上、POV色もそれほど強くないため、ただのダメな映画に。夏帆のセーラー服だけではカバーしきれない。
(くるぶし)設定が雑すぎる。TVを見ていないのでなんとも言えないが、目的も中途半端だしなんで普通に聞き込み取材してるの感がすごかった。

8位「劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐」 18点(3人投票)

特殊な能力で事件を解決していく主人公を描いた人気TVドラマの劇場版。

監督:木村ひさし
脚本:櫻井武晴「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
出演:中居正広、北村一輝、栗山千明、玉森裕太、嶋田久作、田中哲司

●コメント
(とと)濃いキャラ付けで押しきるというドラマ手法に何となく映画っぽいスケールアップだけを加えた安易なTVドラマの映画化の典型。栗山千明はもっと良い映画で観たい。
(れい)切ないラストがよかったです。でもこのシリーズは栗山千明の役がノイズだと思います。
(K)初日の劇場は爆笑の渦… どうせ、僕の方が間違っているんでしょ?
(坪井)×あれ、ひょっとして火元は栗山千明なのか?
(ゲリオット)堀北さんが出てるシーンは良かったです。あと超個人的な話ですが、これにウチの義兄さんがモブで出てるのであまりこの映画の悪口は言いたくありません!

6位タイ「永遠の0」 19点(2人投票)

百田尚樹のデビュー小説を映画化した戦争ドラマ。

監督:山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日'64 」「friends もののけ島のナキ」
脚本:山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日'64 」「friends もののけ島のナキ」、林民夫「藁の楯 わらのたて」「ジーン・ワルツ」
出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲

●コメント
(とと)昭和パートはVFXも演技も良いけど、現代パートのドラマ演出・脚本の酷さは2013年屈指。山崎監督の日常シーンの演出はあまりにも酷いと思う。
(れい)個人的にはベスト。狂気チックなラストが好きですがサザンですべてが台無しです。
(坪井)×××『肉弾』『一枚のハガキ』と比べれば、この映画がいかに小学生の落書きレベルなのかがわかると思う。思想?100年はえーよ。
(ゴズィラ)2013年のベストワンです(土下座)。戦争がもたらす疲弊と、どうしようもなさを実に丁寧に描いていたと思います。
(ヤックル)現代パートの祖父を全面賛美という構図が、特攻隊そのもののように映り強い違和感を覚えました。あまりにも説明的なセリフ、テンポの悪い構成にも辟易。
(ゲリオット)ストーリーはともかく出演陣は皆良かったと思う。特に濱田・新井・染谷の若手三人が素晴らしい。
(ゆっきー)三浦春馬以外は出演陣頑張ってたと思うなあ。がっくんに岡田君、新井さん。そして染谷くん、またいたよ!けど個人的にはベストに入れました。女性と男性で感想が二分してる?
(籠)井上真央が売り飛ばされそうになる任侠編のスピンオフが観たい。
(くるぶし)現代パートは正直に言うといらないが、個人的には休憩タイムとして一通り落ち着いて見れた感がある。岡田くんはやっぱりかっこいい。納得できない部分はあるが昭和パートは結構好きです。

6位タイ「劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇」 19点(2人投票)

特殊能力を持った犯罪者に立ち向かう捜査官の活躍を描く人気テレビドラマの劇場版完結編の後編。

監督:堤幸彦「20世紀少年」「BECK」「TRICK」
脚本:西荻弓絵「劇場版 SPEC~天~」
出演:戸田恵梨香、加瀬亮、向井理、大島優子、竜雷太、北村一輝、栗山千明

●コメント
(とと)ストーリーそのもののパクリ感は置いとくとしても、ほぼ全編ただ突っ立って会話してるだけですよ。今年体感時間が最も長かった映画。
(れい)鑑賞後に「やっぱり1本でよかったんじゃ?」と思わせてしまうのがどうしても痛い。
(K)個人的には、大風呂敷を広げた割には上手く纏めていると思う。「まどマギ」? 何それ? 初めて聞いた。
(坪井)×××やっぱ火元は栗山千明か!堤幸彦映画自体のクローズでもありました。このやり方は通用しなくなってきていると思う。
(ゲリオット)TVシリーズの始まり方を考えると感慨深いラストだった。

1 2 3





t0t08さん


まとめ参加者(0)