次いでアメノオシコロワケ(隠岐島)が生まれる。

出典TPC@wiki - イザナギとイザナミ - @ウィキモバイル

続いて筑紫島(今でいう九州)が生まれる。この島も4つの顔を持ち、それぞれに名前がある。
  ひとつはシラヒワケ(筑紫国)
  ひとつはトヨヒワケ(豊国)
  ひとつはタケヒムカヒトヨクジヒネワケ(肥国)
  ひとつはタケヒワケ(熊曾国)
 この次に生れたのはアメヒトツバシラ(壱岐島)
 その次にアメノサデヨリヒメ(対馬)、次に佐渡島。
 最後にアマツミソラトヨアキヅネワケ(大倭豊秋津島)。これは本州にあたる。
 ここまでの8つの島を大八島国という。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【意外と知らない】日本の神話【わかりやすい】

日本神話と呼ばれる伝承はほとんどが、『古事記』、『日本書紀』および各『風土記』の記述による。そのため高天原の神々が中心となっているが、出典となる文献は限られる。引用: Wikipedia

このまとめを見る