1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

意外と知らない?無病息災を願って食べる七草粥の由来や効果

七草粥は、お正月の豪華な食べ物や飲酒で疲れきった胃腸など内臓をいたわる効果やビタミン不足を補う効果があります。無病息災を願って七草粥を食べましょう

更新日: 2014年01月06日

357 お気に入り 412731 view
お気に入り追加

茎にはカルシウムが豊富に含まれ、骨量低下の予防になり、白い根にはアミラーゼやジアスターゼが多く含まれているので、消化を助ける働きをします。

胃腸を温め、冷えによる腹痛を予防する食品として古くから珍重されてきました。

根の部分には、スズナと同様にアミラーゼが多く含まれていて、胃炎や胸焼けを改善する効果があります。

グリコシダーゼなどの酵素が含まれているため、食物の消化を助けるとともに腸の働きを整えてくれる効果があります。

◆七草粥の作り方

STEP1
鍋に研いだお米と水を入れ、一時間ぐらい置きます。

STEP2
一時間経ったら、ふたをせず、強火で沸騰させます。

STEP3
沸騰したら、軽く底からお米をかき回し、ふたをして弱火で40分〜1時間煮ます。

STEP4
七草はきれいに洗って細かく刻みます。

STEP5
おかゆが炊きあがったら、刻んだ七草を入れます。
軽くかき混ぜ、お好みで塩を加え、味を整えてできあがり。

1 2