1. まとめトップ

ピンクアッシュで美肌に見える!可愛い髪色画像♡ヘアカラーカタログ【2018】

ピンク系ヘアカラーは2018 春夏秋冬 人気の髪色☆大人かわいいピンクアッシュカラー、ツヤ感のあるピンクベージュが大人気!日本人の肌になじみやすい“美肌に見えるピンク系カラー”のおすすめ髪色ヘアカタログ!

更新日: 2018年02月05日

896 お気に入り 2512678 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hairさん

ピンク系ヘアカラーが話題!!

今、若い女のコに注目されているヘアカラーといえば、断然ピンク系カラーが挙げられるでしょう。

ピンク系や明るめのブラウンなど、明るくて澄んだ髪色がオススメです。

ピンク系ヘアカラーの印象とは?

ひとことでいえば、女らしい、やさしい、かわいいイメージです。
ガーリーという形容詞もふさわしいかもしれません。

ふわっとした内巻きボブやゆるくカールしたセミロング、ショートでもピンク系カラーだとひと味やさしい感じになります。

ガツガツと自己主張の強い女のコというより、チャーミングで、さらっとしていて、それでいて自分のポリシーはちゃんと持っているような。

ピンク系ヘアカラーの似合う人とは?

具体的に言えば、どこかに少女っぽさを残しているタイプですから、どちらかといえば色白。

肌のトーンもオークル系というより、ピンク系のほうが同系色ですから、しっくりします。

色には明度という基準もありますが、この明度でいえば明るいトーンのほうがピンク系へアカラーに向きます。
トーンが暗めの肌だとどうしてもピンクが浮いてしまいます。

ただ、ひとことでピンク系といってもいろいろなタイプのヘアカラーがありますから、悲観しないで自分に合ったものを探してください。
オークル系に近づけたピンク系というのも存在しますから。

ピンクと赤の髪色の違いって?

普通に黒髪にヘアカラーをすれば、赤は赤茶色、ピンクは茶色にうっすらとピンク色が重なるため、赤よりもさらに自然な色になります。

赤はわりと赤味がわかりますが、ピンクはほんのりピンクのようなニュアンスを感じる程度なので、『主張しすぎず、柔らかいニュアンスに見える』のが人気の理由です。

人気のヘアカラー “ピンクアッシュ”

人気ヘアカラー “ピンクベージュ”

そもそもベージュとは、日本語にすると「生成」や「肌色」「らくだ色」とも言います。まぁベージュと聞いて分からない人はほとんどいないかと思いますが、イメージは出来ても日本語にすると難しいですよね。

ヘアカラー剤のベージュもほぼ『肌色』に近いです。

華やかな女性らしさを演出できる、ツヤ感のあるピンク系ベージュ。ピンクといってもベージュベースのため、日本人の肌になじみやすいのもポイントです。

ちなみに「ハニー」とか「シャンパン」とかついている場合は、少し黄色みが強いベージュになります。
ベージュは「オレンジ」や茶色に「アッシュ」を混ぜた色が近いです

♡ ピンクのおすすめヘアカラーカタログ

ヘアアレンジもかわいい♡

こちらもオススメ!

1