1. まとめトップ

ミノキシジル解説!ミノキシジル塗るタイプ、飲むタイプの違いは?

男性のみならず、世の中薄毛、抜け毛に悩む方は多いものです。今回は発毛効果が期待されているミノキシジルについてまとめます。

更新日: 2014年02月18日

uribokyawawaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 24525 view
お気に入り追加

▼薄毛について

AGAは全国で1,260万人いると言われており、少なからず多くの人がAGAで悩んでいるようです。AGAは進行型タイプとなりますので、円形脱毛症のように突然禿げてしまうのではなく、徐々に薄くなっていくというタイプになります。

AGAは、一般的に「遺伝」と「男性ホルモンの影響」から起こると考えられています。

AGAの原因は男性ホルモンとヘアサイクルの乱れ

どうして、男性はAGAによって薄毛になるのでしょうか。AGAの最も大きな原因として考えられている男性ホルモンは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホ ルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、髪の成長を抑制してしまうと言われています。これがAGAの原因です。

▼発毛効果が期待されている成分 ミノキシジルについて

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張剤として開発された成分。後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)®の商品名で売られている。

日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップ®シリーズが市販されている。

AGAの治療に有効な成分は現在、ミノキシジルとフィナステリドの2種類であり、どちらも使用上の注意を伴う治療薬なので、一般的な育毛商品としては販売されず、「医薬品」のカテゴリで販売しなくてはいけない

この2種の治療薬のうち、日本製では唯一リアップ(大正製薬の)のみがミノキシジル配合の育毛剤として販売されています。それ以外の入手方法は、病院や専門外来で処方される方法と、海外から通販購入する手段があります。

▼ミノキシジルの効果

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める働きをします。

リアップ(商品名)の治験に携わった武田克之(徳島大学名誉教授・F.M.L.理事長)氏によれば、「ミノキシジルの含有量1%と2%の双方を実験した結果、ほとんど効果の差が見られなかった。副作用も考慮して、日本人の体質には1%が最良だと判断できた」とのことです。

既に進行している薄毛にはミノキシジルが効果的

AGA治療のプロセスは「薄毛・脱毛の進行を食い止める」と「既に進行したハゲ部分の再生」の2つに分けられます。
ミノキシジルは「既に進行したハゲ部分の再生」の為に使用する治療薬です。

AGAが原因で脱毛・薄毛がすすんでいる場合、脱毛スイッチが入ってしまった毛根が自然と蘇る可能性は、ほぼありません。

AGAの根本原因である5αリダクターゼの生成を抑えなくては、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が生成され続けるので、次々と脱毛スイッチが入ってしまうのです。ミノキシジルは、血管拡張効果により、脱毛スイッチが入ってしまった毛根や収縮した血管の再生を促します。

▼ミノキシジル 塗るタイプと飲むタイプの特徴比較

ミノキシジルは飲むタイプと、頭皮に塗るタイプの2種類があります

飲むミノキシジルタブレットは副作用のリスクが大きいので、はじめは頭皮に塗るミノキシジルからスタートします。塗るタイプのミノキシジルで効果が出る場合、飲むミノキシジルは必要ありません。

頭皮に塗るタイプのミノキシジル

■効果は?

血管を拡張し、発毛を促進していくミノキシジル。その効果は比較的早く表れ、通常1~3ヶ月程度で効果が実感出来ます。逆に、3~4ヶ月使用しても効果がない場合は、ミノキシジルが体質に合わない、又はハゲの原因がAGAではない等の可能性が考えられるので、使用を中止します。

■副作用の例

頭皮のかぶれ、かゆみ。まれに手・足・顔のむくみ、血圧低下等。飲むミノキシジルタブレットより副作用は軽度。

飲むミノキシジルタブレット

■効果は?

頭皮に塗るミノキシジルに対して、直接飲むミノキシジルタブレットは発毛効果が高い反面、副作用の心配が大きい。塗りミノキシジルで効果が出ない、それでもミノキシジルを使用したいという場合のみ、覚悟を持ってミノキシジルタブレットの使用を検討します。

■副作用の例

血圧低下・体毛の増加・めまい・胸痛・痒み・むくみ・嘔吐・吐気・性欲減退等。

▼ミノキシジル 商品例

外用ではなく、内服で体内から働きかけるため、細胞への吸収の度合いが高く、塗布タイプの育毛剤よりも遙かに効果が高いといわれています。

ミノキシジルタブレットは、毛細血管を拡張させ血圧を下げる血管拡張です。頭皮全体の血行をよくする、毛髪付近の血管が拡張される効果が確認されています。リジンと一緒に摂ることで、効果が増幅することが確認されています。

育毛成分「ミノキシジル」を2%含む頭髪育毛剤です。18才以上の成人で頭髪が徐々に薄くなってきたり、頭頂部の脱毛が 気になっておられる方がご使用になれます。

▼ミノキシジルとフィナステリド、どちらが効くの?

ミノキシジルとフィナステリドは役割が違うので、どちらが効く?というと正確な答えはないはずです。

AGA治療の多くの方は、ミノキシジルとフィナステリドをセットで使用します。

フィナステリドのみ使用 ⇒ 「ハゲの進行を食い止めている」が、発毛効果は低い。

ミノキシジルのみ使用 ⇒ 「発毛促進はしている」が、ハゲのスイッチは止めていない。

▼参考

1 2





uribokyawawaさん