1. まとめトップ

強烈なインパクト「イエロー・サブマリン音頭」にまつわる秘話

先日亡くなってしまった大滝詠一さん。彼が残した名曲は様々ありますが、その中の一つ金沢明子の歌う「イエロー・サブマリン音頭」。ビートルズの曲を大胆にアレンジしたこの曲は中毒性が高く頭から離れない名曲です。そんな「イエロー・サブマリン音頭」についてまとめてみました。

更新日: 2018年09月14日

3 お気に入り 37772 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

ビートルズの名曲の一つ「イエロー・サブマリン」

レノン=マッカートニーの作品。実質的にはポール・マッカートニーの作った楽曲であるが、ミュージシャンのドノヴァンが歌詞を手伝っている。リードヴォーカルはリンゴ・スター。この曲はポールが「子供の歌」として作ったもので、同時にリンゴに贈る目的で作られた曲である。リンゴのほのぼのとした歌いまわしと楽曲の内容とがマッチして大いにヒットした。

これを大胆にカバーした「イエロー・サブマリン音頭」

金沢明子の1982年の16枚目のシングル。
ビートルズが1966年に発表した「イエロー・サブマリン」を日本語でカバーし、大幅なアレンジを加えた楽曲。

この曲を手がけたのは大滝詠一さん

制作のきっかけは、本作でディレクターを担当した川原伸司が制作する5年前に杉真理とビートルズのメドレーを作ろうとしたことに端を発する。しかし、ある時川原がとある音楽雑誌で「ナイアガラ音頭」の広告をみて「先にやられた」とがっかりし、企画は頓挫した。その後、今作のプロデュースを手がける大滝詠一と出会ったことで、今作の制作話が持ち上がり、制作するに至る。

この曲ってけっこうスゴイですよ。だって作詞作曲はもちろんレノン=マッカートニー、訳詩が松本隆で編曲は萩原哲晶、とどめにプロデュースが大滝詠一でございます。

エンディングのセリフは、伊藤銀次、杉真理、佐野元春の順に言っている。最後のセリフは、ディレクターの川原が言っている。

歌い手に起用された金沢明子さん
デビュー当時のキャッチフレーズは「民謡界の百恵ちゃん」であった。

金沢は大滝さんがプロデュースした『イエロー・サブマリン音頭』を歌い、民謡歌手から一躍人気歌手となった。

金沢は、大滝が松田聖子のプロデュースをしていたことから「聖子ちゃんのように歌えると思っていたら“もっとコブシを入れて”と言われてがっかりした」と言う趣旨の発言をしている。

当初は賛否両論だった

ビートルズ結成20周年記念曲なのだが、真面目なビートルズファンから、当時はひんしゅくを買ったという。「お母さん層からも『英語の発音が悪い!』と不評で(笑)。」

さまざま批評はあったが、サブマリン音頭は大ヒット。今となっては、新ジャンルの音楽を創ったと高評価を受けている。

当時はビートルズの楽曲を音頭にアレンジしたことで一部から批判もあったが、意外にもビートルズの遊び心を理解するファンほど彼の才能を称賛したものだ。やがて、金沢明子が民謡で鍛えた歌唱力で歌い上げた『イエロー・サブマリン音頭』は広く世間から愛されることとなった。

ビートルズの曲は著作権に厳しいという問題もあったが、、、。

来日が記憶に新しいポール

1980年代からビートルズの楽曲著作権保護が強化され、その影響で、60年代や70年代にカバーの際に行われていた歌詞の変更(替え歌)が世界的に認められなくなった。しかし、この曲を聞いたポール・マッカートニーは歌詞の変更を伴ったカバーを許可した。

当時は「ビートルズをバカにしている」との逆風もありました。ですけど、スタッフがポール・マッカートニーさんにハワイのホテルでお聴かせする機会があったそうで、聴き終わった彼は立ち上がって拍手してくれたと言うんです。

なんと作った本人も絶賛w

奇跡は、ビートルズの事務所がOKを出してくれたこと。企画書には「民謡とは日本の古典的な伝統文化でうんぬんかんぬん、それを歌う金沢明子はこれこれこうで‥‥」と、しかつめらしく書かれていたと聞きました(笑)。

なんと昨年の来日公演でも、、、!

金沢明子(59)は「憧れのポールマッカートニーさんの大阪??あれ福岡??公演で…、開演前に私のイエローサブマリン音頭が流れたと言うツイートに感激しちゃって…、ウルウルしました!!この上ない幸せです!!」とビートルズ作品をアレンジした自身の曲が会場で使われたことに驚きと感動。コンサートには行っていないようで「いつの日かお目にかかりたいです」と結んでいる。

先日亡くなった大滝詠一さん

あの大滝詠一さんが昨日お亡くなりになりました。突然の訃報に驚くばかりです。

『イエローサブマリン音頭』
こんなに素晴らしい作品を歌わせて頂く私はとても幸せ者です。
30年以上歌ってますが、当時と同じ気持ちでいつも歌っています。 そして忘れもしません、大滝詠一さんに初めてお目にかかった時のあのドキドキ感…。

ビートルズの名曲をここまで素敵な音頭に作り上げ、プロデュースして下さったことに心から感謝しています。この歌があって、私の歌手活動に拍車がかかったことは間違いありません。イエローサブマリン音頭が私の人生を変えてくれました。。

心からご冥福をお祈りします。

金沢明子さんのブログより抜粋:http://ameblo.jp/kanazawaakiko/entry-11740478845.html

「イエローサブマリン音頭」は、今でもハワイ公演やアメリカ公演で歌うと、大ウケなんですよ。みんなが拍手したり踊りだしたり。やはり、ビートルズって偉大ですね。大事に歌い続けていきたい曲です。

金沢明子のコメント

今も愛され続ける「イエローサブマリン音頭」

むくり。初夢は大滝詠一さんでした。夢の中でいろんな曲を聴いて、いろんな人と穏やかに話をして。「イエローサブマリン音頭」が最高傑作だよねって夢の中でも話してた

大瀧詠一氏の訃報を聞いてから、頭ん中でイエローサブマリン音頭が流れているのはボクくらいなんだろうな・・・。

1 2