1. まとめトップ
  2. カラダ

結局、風邪をひいたらお風呂に入っていいの?ダメなの?

風邪をひいた時、お風呂は入っていいのか?ダメなのか?色々な意見があるようです。

更新日: 2014年01月06日

321 お気に入り 886647 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haru-tomoさん

風邪をひいたらお風呂はどうすればいいんでしょうか?

風邪のときにはお風呂に入ってはいけない、と小さい頃に言われた記憶はありませんか?

風邪ひいたら風呂って入らない方がいいの? 俺はいる人なんだが

・お医者さんでも言う事が違う

お風呂については医学的に大規模な疫学的調査がなされていないので定説はありません。色々なお医者さんがそれぞれの個人的な経験や考えに基づいて指導を行っています

「熱い湯にさっと入りなさい」「風呂に入って汗をかけば風邪は治る」「絶対入るな」等、先生によって千差万別

昔のお風呂の入り方だと悪化する方が多かったため、その名残のようです

1つは日本家屋の構造上の問題として、古い日本家屋ではお風呂が屋外にあることが多かった為、お風呂と室内を出入りする際の急激な温度変化で風邪を悪化させるだろうと考えられていたから

2つ目は、同じような理由ですが、昔はお風呂というと銭湯が一般的で、銭湯帰りに体が冷えることを注意したもののようです

また、銭湯では熱いお湯に長く入ることが多く、体力を消耗して症状を悪化させることもあったから

入浴で体が一気に温まり血管が急激に拡張した後、お風呂上がりに一気に熱が引いていくという状況から、湯冷めを起こしやすい環境だった

しかし、現在では入り方によっては早く治るという考え方もあるようです

現在では、お風呂で体を温めて血行を良くし、体の新陳代謝を盛んにすることが風邪を早く治すのに効果的だと考えられます

入浴は体を清潔に保つためにも、咽頭の加湿のためにも、また、気持ちの良い睡眠を取るためにも、高熱でなければ入っても問題ありません

・ただし、高熱の時は入浴を控えましょう

体温が38度を超えるような本格的な風邪のときは、もちろん入浴は控えたほうがいい

嘔吐やひどい下痢がある時も控えましょう

ある程度体力がある場合のみ、入浴可能という事です

風邪の時の入浴のポイント

・ぬるめの温度設定

顔が真っ赤になるまで熱い湯に入るのは激しい運動をするのと同様に体力を消耗します

ぬるめの温度に設定し、あまり長風呂をしないことをオススメします

長くても20分程度

・脱衣場は充分暖めておき、すぐに体を乾かす

できれば脱衣所を保温しておき、早く体を乾かして布団に入るようにしてください

入浴後も素早くからだを乾かし、熱が奪われる前に布団に入り、からだを休めれば体力の回復にも効果的

・水分補給を忘れずに!

水分の補給もいつもより、こまめにしましょう。スポーツドリンクは吸収が早いうえ、一緒に消耗する塩分なども採れるのでいいと思います

1