1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【春財布】を金運財布にするには、買ったら絶対するべきことがあった!

春財布や、新しくお財布を買った人は是非。使ってからでは遅いんです。初めにお財布にお金を覚えてもらうことが肝心。

更新日: 2016年02月11日

yuki2929さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3331 お気に入り 2205752 view
お気に入り追加

縁起のいい春財布

春の時期に買う「春財布」は、(お金をパンパンに)張る財布とも言われ、縁起がいいといわれています

1月から3月の節句までという説と、細かく12月20日~2月17日の立春前までとされる説があります。

どちらが正解というわけではないようです。自分の好きなタイミングで。

一番最初に入れるお金が、かなり重要

実は、お財布は【最初に入れてもらったお金の量をずっと覚えている】ものなんです。

風水財布に変えたばかりの使い始めは、できるだけ多くのお金(お札)を入れておきましょう。

この時期にたくさんのお金を入れておけば、財布も「自分はこれくらいのお金が入っているものなんだ」と認識して、お金をその状態に保とうという意志が働くからです

この期間中は普段より、多めのお金を入れる。
できるだけたくさんの紙幣を入れて
9日間、タンスなどの中にしまっておくこと。
外に見えている状態にしないということ。

しまっている間は一切手を触れてはいけないそうです。つまり、実際に買い物などで使用する日の9日前にはお金を入れて静かな場所で寝かせておくわけですね。

初めに入れるお金・・・たくさんのお札と、お種銭

紙の質は問いません。新聞紙でもチラシでもいいです。半紙でもかまいません。札束を作りましょう
先頭には本物のお札をおいて、その後ろに19枚の紙をつけたら…見た目は20万円(笑)

全部で100枚の紙の束。一番上に自分のお札を乗せて使うそうです。

あと、お金を呼んでくれるお種銭

次にお種銭。これはお金を呼ぶのに必要ですのでお財布には必ず入れてくださいね。
お種銭として売られてるものだったり、新年にもらえたりする5円玉だったり新品のお札だったりと人それぞれですが《種》ですから入れてください

お正月にお財布を買うと、たいていのお店でもらえるやつです。

お種銭ですが、一度お財布に入れたらあまり人目に触れさせないで下さい。
あと間違えて使わないでくださいね。

でもやっぱり持ってないですって言う人は、お金は光るものに集まるって言われてるので金色の折り紙で鶴か亀を折ってお財布に入れて下さい。それで代理になります。

お正月におみくじを引くと、金か銀の小さな縁起物が入ってますよね。

今まで使っていた、古いお財布はどうしたらいいの?

古い財布の処分の仕方は2通りで、処分もしくは保管です。

、『この財布に変えてから開運した!』『人生変わった!』という自分にとって縁起の良い財布なら無理に処分する必要はないかもしれません。

基本的には使わないなら捨てたほうがいいんですが、「そういう財布は、家に置いておくだけでも運気を底上げしてくれる風水アイテムになる」という人もいるそうです。

処分する場合

但し、その財布を使っている間の金運がとても悪かったという場合は処分されることをお薦めします。

財布を捨てるときは、裸のままではなく、布や紙に包んで捨てると良いです。
財布だとわからないように捨てるのが大事なんだそうです。

白い布や半紙など、白いもので包むのがいいそう。

1 2





yuki2929さん