1. まとめトップ
  2. 雑学

「またツブれた!!」いつも空き家のあの物件の謎!?

店を出す度に潰れる物件あなたの街にもありませんか?なぜあの店はいつも潰れるのか、なぜいつも潰れるあの店に出店しようと思うのかまとめてみました。

更新日: 2014年01月08日

258 お気に入り 328652 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

saizoneさん

「あれ!?あそこの店、また潰れてる!」

ここのテナントっていつもすぐ潰れるんだよね。意外と悪くない店ができるんやけど。

いつも同じ場所で店がすぐ潰れるのは何が悪いんかしらね。

何故出来る店出来る店、もっても1年で潰れる魔境に店を作ったのか。と言うか何故いつもどこかしら店を作るのか。そして潰れるのか。あそこは本当やめたほうがいい。

「一見いい立地」本当に良い立地とは限らない?

飲食店や店舗系のビジネスでは、場所が命。成功のカギは、1に場所、2に場所、3に場所

『いい土地なら繁盛するに違いないから、家賃が多少高くてもおつりがくるだろう』と考えてしまう

なんでここすぐ潰れるんやろ?車もよく通るし左折で入りやすい場所なのに・・・
と思いながらいつも自分は通りすぎてる

一見いい立地に見えるため高い賃料設定になっているが、よくよく見るとたいしていい立地ではない。

人通りも多いし周りに流行っている店もある
けれどもその店のあるところだけは微妙に入りにくかったり
ついつい通りすぎてしまう要素があるみたいです
なのに、賃料だけは周りの好立地と同じなので潰れてしまうケースが多いようです

いつも潰れるテナントにわざわざ店を出す理由

前の店の設備がそのまま利用できる
自分の店は潰れない自信がある

自分ならできる、というエゴ。これが失敗の原因になる。あるいは、自分の勝因は違うという思い込み

『何度も店が変わっている』という事実を、新しい借り手も知らないわけではないんですが、『それは前の店の経営手腕が悪かったからだ。自分ならもっとうまくやれるはず!』という期待(願望)に取って代わられてしまう

オカルトチックな理由も……?

呪いとかは流石にファンタジーあり過ぎだけど、うちの父親(宮大工系)はよく町に新しいお店が出来たりしたら、あの店はすぐ潰れる、って言っていつも当ててた。なんか、土地的に良くないとか、玄関の場所やら方角やら理由を教えてくれた。 建物建てる時にそういうのがあるらしい。

風水とか「気」とかって信じていないつもりなんですけど、「やっぱりそういうのあるかも」と思うのはbar bossaの近所でどんなお店が入っても絶対に潰れるっていうビルがあるんですよね。実は今も「空き店舗」状態なんですけど、入る人に教えてあげたいです。「呪われてますよ、このビル」…

先輩「新しく出来たラーメン屋行ってきた」先生「何日で潰れるかね」俺「日単位ですかwwwwwwww」先生「あそこ風水的に鬼門だかなんだかで、かれこれ6回ぐらい店変わってるんだよ。カレー屋1回ラーメンが…4回?」先輩「向かいのネイルサロン もずっとしまってますしね…」俺「あぁ…」

本当かどうかはともかく、あんまりにも次々と潰れるのをみると
ついつい「呪われてるんじゃないの?」と疑ってしまいますね

あなたのその店、大丈夫ですか?

横断歩道の位置が数十m横にズレて、店のどまん前になっただけで売り上げが15%増えたというファストフード店もありました。裏を返すと、数十m横断歩道が遠くなれば、売り上げが15%落ちる可能性だってあるということです

大手チェーン店系の飲食店や小売業には必ず、店舗開発部門があり、そのマーケティング能力というのは相当なものです。しかし、その彼らでも確率は少ないですから失敗します。

ということは、個人経営の飲食業や小売業の方が立地的に失敗する確率はもっと高くなります。
立地に関するマーケティングを浅慮してはいけません。

1