1. まとめトップ

極寒!ソチ観戦するなら知っておこう!【ロシアの冬】

ソチオリンピックがもうすぐ開幕しますね!!観戦行く方もいるのでしょうか?ロシアの地の寒さってどうなんでしょうか?!とてつもなくさむそうです。

更新日: 2014年01月07日

2 お気に入り 4354 view
お気に入り追加

ロシアの冬の気温

ロシアの気候は、基本的に昼夜と年間の気温差の大きな大陸性気候です。広大な国土のため細かな気候区分で分類すると10以上の気候に分かれますが、北極海沿岸のツンドラ地帯や黒海やカスピ海沿岸の南西部以外は亜寒帯気候(冷帯気候)に属しています。南西部はインド洋からの暖気団、西部は大西洋、北部は北極海からの寒気団の影響が顕著です。ロシア・サハ共和国の北東部にあるオイミャコン村では、1933年2月6日に -71.2℃(-96°F)の気温が記録されています。この気温は、ロシアの最低気温であり、南極大陸を除く世界の最低気温です。

自然のカクテル ソチ

ソチでは毎冬がサプライズだ。おしゃれな女性が新しい冬のコートを着れないほど温かい年もあれば、大雪と強風の本格的な冬が訪れる年もある。湿度が高いため、寒さは一層厳しくなる。ただソチの冬は短く、寒くなっても2~3日目には小川にはった氷がとけ、太陽が照り、鳥がさえずる。一冬にこのようなことが 何度かくり返されたりする。

これは意外な事実!!

さむ~いロシアの食事

ロシア料理と言えば、寒い国ならではのスープや煮込みなど温かい料理が定番です。日本人にも馴染みのある料理なら、ボルシチ、ピロシキ、ロールキャベツ、ビーフストロガノフ、ロシアンティー、といったところでしょうか?ソチはもちろんロシアの定番料理も頂けますが、ロシアでも南西、黒海に近いリゾート地のため食文化もやや異なっていて、ヨーロッパやトルコの影響を受けたスパイシーな料理も多くあります。

”ウォッカを飲めないとロシア人と認められない”、”ウォッカは水より飲まれてる”等というくらいロシアではウォッカを飲みます。
アルコールが強いので寒さを和らげますが、ロシア人の寿命が短いのはアルコール依存のせい・・・・

ロシアの防寒着

シュウバと呼ばれる毛皮のコートが長年愛されています。
寒いのでロングコートが基本

極寒の地に行くと頭や耳まで冷え込みますよね~
こんな感じの帽子よく見ると思いますが、帽子は必須です!

ワーレンキとは、羊毛のフェルトで作られた長靴。マイナス30度以下の寒さをものともしない(!)あたたかさがあります。近年女性を中心に人気のUGGのブーツなどにも少し似ているかもしれまんね。ただ、こちらはもっと硬めの素材が使われています。

ロシア人強っっ!!!

今年のロシアの冬は異常にあったかいのだそう。
という事でロシア人はおおはしゃぎ!!でも雪あるけどねw

美しいロシアの冬景色

1





クララ低燃費さん

クララです。低燃費です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう