1. まとめトップ

国家資格1次に最年少合格 技術士補は小学3年生wwww

2014年1月4日 夕刊

受験のきっかけになった鉱石を手に合格の喜びを語る川田獅大君=東京都千代田区のお茶の水小学校で(井上幸一撮影)

 文部科学省所管の国家資格「技術士」(化学部門)の本年度一次試験に、東京都千代田区立お茶の水小学校の三年生
川田獅大(れおと)君(9つ)が合格した。受験時の年齢は八歳で、父親(44)によると、過去の最年少合格者の十七歳を大幅に更新した。
条件があり、二次試験はすぐに受けられないが、技術士補として登録できる。獅大君は「少し自信はあった。うれしい」と喜びを語っている。(井上幸一)

 試験を実施する公益社団法人「日本技術士会」(港区)によると、受験者の中心は企業の技術者や大学生で、本年度の平均年齢は三五・八歳。
小学生が受験すること自体が異例という。

 一次試験は、微積分、行列、空間ベクトルなどの「基礎」、関連法令が出題される「適性」、獅大君が受けた化学をはじめ各部門ごとの知識を問う
「専門」の三科目。合格には、それぞれ五割以上の得点が必要となる。「基礎」と「専門」は大学専門教育程度のレベルで、本年度の化学部門の
合格率は48・5%だった。

 保育園児のころから「結晶がきれい」と鉱石を集め始めた獅大君は、石に含まれる物質の化学式をどんどん覚えていった。
抜群の記憶力と理解力に着目した家族が資格試験の受験を勧め、七歳だった小二の春に鉱物鑑定士八級に合格した。

 以後「問題を解くのが面白い」と、十数回の試験に挑み、一昨年十二月には試験に化学式が出る危険物取扱者甲種に合格、八歳は最年少記録だった。

 昨年十月の技術士試験に向けた勉強は、二週間ほど前から連日、深夜まで集中的に行った。コンサルティング会社に勤める父親が、
ネットから問題を入手し、数学などの基礎を指導した後、約七年分の過去問題を解いて実力を付けた。

五歳で知能指数(IQ)が一四〇以上あったという獅大君。「次の目標は、漢検の準一級と一級。気象予報士にも挑戦しようかな」と屈託ない。
技術士二次試験の受験資格を得るため、化学の分野で実務経験を積める場所を探している。

 父親は「将来は、世に何か実績を残せる化学者になってほしい」と希望を託す。一方で、獅大君は「大学は医学部に進み、化学の知識も生かして、
医療機器を開発する人になりたい」と夢を語った。



 <技術士> 科学技術分野で、高度の応用能力が必要な計画、研究、設計、分析などに携わる人を認定する国家資格で、化学、電気電子、
上下水道など計21の専門分野に分かれる。「技術士法」で定められ、取得すれば公的な業務で優遇されるケースも。文部科学相の指定機関
「日本技術士会」が試験を実施。1次試験に受験制限はなく、合格者は技術士を補佐する「技術士補」となれる。2次に合格すれば技術士になれるが、
原則4年以上技術士補の業務に従事することなどの受験資格が必要。

格が違うwwww

小3にして危険物取り扱い者甲種

千代田区のお茶の水小学校

千代田区に住んでるってだけでもうヤバイ

難易度的には司法試験の予備試験ぐらいのレベルやで

1