1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

京大卒プロ野球選手が誕生か!?プロ注目右腕田中英祐投手

史上初の京大卒野球選手が誕生か!?

更新日: 2014年01月08日

2 お気に入り 43251 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

プロ注目右腕 京大工学部在籍の田中英祐投手

今秋ドラフト候補の京大・田中英祐投手(21)が6日、京都市内の同大学グラウンドで始動した

12球団が田中を来季のドラフト候補としてリストアップしており、京大出身初のプロ選手が誕生する可能性もある

進路については「成績を踏まえて考えていきたい」と控えめながらもプロ入りを希望。

「他(の仕事)にはない魅力もある」

「(プロ野球は)厳しい世界であることは自覚していますが、他(の仕事)にはない魅力もあるなと感じています」

「京大」の肩書が実力以上の評価となっていることは理解している。「プロ入りは今しかないが、研究は30代からでもできる」とも考える。

田中英祐投手とは…

田中 英祐(たなか・えいすけ)1992年4月2日、兵庫・高砂市生まれ。小学4年時に「塩市少年野球団」(軟式)で野球を始める。白陵中野球部で投手に転向。白陵高では1年秋から主戦。京大工学部に現役合格後、1年春からレギュラー。昨春、京大では13年ぶりのシーズン2勝をマーク。通算4勝21敗。179センチ、74キロ。右投右

比屋根吉信監督がその素質を見抜く

「1年目は直球だけを投げさせ、2年目はフォームの間合いを覚えさせる」と育成計画を立てた

文武両道 京都大学工学部に現役合格

京大に、というよりは自分の高校時代の成績で京大を狙えるというので。周りが結構国公立とか医学部とかそういうところに行くような学校だったんで自分もそういう流れに乗って京大を受験しましたね

勉学でも忙しい日々を送る。この日も、午後3時から練習だったが、授業があったため午後4時半からの参加

既に両親も説得済み

1 2