タレントのタモリが番組で「こう見えて私、根が暗いんです」と語ったことが、流行のきっかけとなったと言われるが、元々はそれ以前にTBSラジオの『パックインミュージック』金曜日(通称:金パ、ナチチャコパック)で投稿された内容に基づいて交わされた、パーソナリティーの野沢那智と白石冬美との会話が発端だとされる。この場合のネクラは「明るく見えるが、実は暗い」という意味で、外観と内実のギャップを示す用語だったが、広まる過程で「根っから暗い」という意味でも使われるようになった。

出典ネクラ - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

流行語・新語・俗語・造語・名言【言葉の発祥雑学】流行らせた芸能人・有名人まとめ

「エッチ」は明石家さんま。「あけおめ」は所ジョージ。「最初はグー!」は志村けん。等々、流行語の起源・発祥や、無意識に日本語の中に溶け込んでいる言葉の原点を頑張ってまとめてみます。既存の言葉に新たな意味が生まれることも。よく使われる名言も交じってます。発信している方々へのリスペクトもこめて。

このまとめを見る