出典 www.zumiking.jp

桑田佳祐

ニューハーフという言葉が生まれる前は、「おかま」「シスター・ボーイ」「ブルー・ボーイ」「Mr.レディー」といった言葉が主流だった。
「おかま」は受け取り方にもよるが、蔑称になってしまうこともあり、感情に左右されないこの言葉の登場によって使用が分けられた。

発祥として有名な説は、大阪にあるショーパブ「ベティのマヨネーズ」のママと桑田佳祐が対談し、ベティが「男と女のハーフ」と自分言い表し、桑田がこれを受けて「じゃあニューハーフだね」と言ったこととされる。
ベティが度々公言していることが伝えられるが、桑田本人は否定している説などもあり、微妙にあやふや。

この情報が含まれているまとめはこちら

流行語・新語・俗語・造語・名言【言葉の発祥雑学】流行らせた芸能人・有名人まとめ

「エッチ」は明石家さんま。「あけおめ」は所ジョージ。「最初はグー!」は志村けん。等々、流行語の起源・発祥や、無意識に日本語の中に溶け込んでいる言葉の原点を頑張ってまとめてみます。既存の言葉に新たな意味が生まれることも。よく使われる名言も交じってます。発信している方々へのリスペクトもこめて。

このまとめを見る