調印式でアリは、猪木の突き出た顎を指して「まるでペリカンのくちばしだ。お前のそのくちばし(顎)を粉々に砕いてやる」と挑発的な言葉を浴びせた。これに対して猪木は全く顔色を変えず、「私の顎は確かにペリカンのように長いが、鉄のように鍛え上げられている」と返答。更に「日本語をひとつ教えてあげよう。アリとは日本で虫けらを指す言葉だ」と言い返したところ、アリは激高し「ペリカン野郎め。今すぐ叩きのめしてやるぞ」と大声で叫んだ。この「ペリカン野郎」発言はアリの語録、及び猪木のニックネームのひとつとして後々語り継がれる名文句となった。

出典アントニオ猪木対モハメド・アリ - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

流行語・新語・俗語・造語・名言【言葉の発祥雑学】流行らせた芸能人・有名人まとめ

「エッチ」は明石家さんま。「あけおめ」は所ジョージ。「最初はグー!」は志村けん。等々、流行語の起源・発祥や、無意識に日本語の中に溶け込んでいる言葉の原点を頑張ってまとめてみます。既存の言葉に新たな意味が生まれることも。よく使われる名言も交じってます。発信している方々へのリスペクトもこめて。

このまとめを見る