1. まとめトップ

真冬でも美味しい梨が食えるようになってた

貯蔵技術の進歩により、美味しい梨が真冬でも食べられるようになってました。下妻の貯蔵梨「豊水」は、みずみずしくて本当に美味しかったですよ。

更新日: 2014年01月08日

2 お気に入り 2097 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Torishinさん

こんな時期に大好きな梨が喰えるのは超嬉しい限り
貯蔵技術の進歩って凄いなとビックリしました

近年、供給量の多い9月中旬以降の価格低迷が大きい。また、「豊水」の貯蔵性は高くない。そのため、11月から年末の有利販売に向けて、品質の良い「豊水」の低コスト貯蔵技術が求められている。

MA包装によるナシの貯蔵技術(現農林総合技術センター技術指導室)

生野菜や果実の鮮度は貯蔵・流通されている間にも、雰囲気の組成(酸素・二酸化炭素・エチレン等)や、温度・湿度・結露水の影響を受けています。 クリスパーHFは、青果物からのエチレンガスやアセトアルデヒドガスを除去して青果物の過熟を抑制し、また果実の軟化防止、水分の蒸散防止効果を持つ鮮度保持剤です。

将来この技術が進んでいくと、折角作られた果物や野菜を捨てないで済むはずだし
旬な一番美味しいシーズンに沢山作っておいて、時期をずらして販売していくことで、廃棄を減らし、値崩れを防いで農家さんの収入を安定化させることが出来るんだろうな

ブログ記事

貯蔵技術

販売者

1