「整備工法の見直しによる整備費用の圧縮」、「環境面などに配慮した会場設計」を加えた3点を見直しの柱とした。その理由を「整備コストの高騰の懸念にどのように対応するのか、こういった視点から見直す」と話した。

前へ 次へ