1. まとめトップ

吉高由里子「花子とアン」出演者・キャスト・あらすじ・視聴率【朝ドラ・村岡花子】主題歌は絢香

2014年4月スタートの朝ドラ「花子とアン」あらすじ・キャスト・ネタバレ・視聴率です。ヒロインの村岡花子は吉高由里子 。出演は 仲間由紀恵、鈴木亮平、黒木華 、高梨臨 、土屋太鳳、中村ゆり。NHK連続テレビ小説「花子とアン」主題歌は絢香。

更新日: 2014年09月27日

12 お気に入り 744914 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

goemonsanさん

朝ドラ『花子とアン』2014(平成24)前期

原作 - 村岡恵理「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」
脚本 - 中園ミホ
音楽 - 梶浦由記
制作統括 - 加賀田透
プロデューサー - 須崎岳
演出 - 柳川強、松浦善之助、安達もじり
ナレーション - 美輪明宏
出演 - 吉高由里子、仲間由紀恵、鈴木亮平、黒木華 、高梨臨 、伊原剛志、室井滋、石橋蓮司、賀来賢人、土屋太鳳、窪田正孝、松本明子、カンニング竹山、浅田美代子、ともさかりえ。

花子とアン
連続テレビ小説・第90作『花子とアン』は
「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の
明治・大正・昭和にわたる、波乱万丈の半生記です。

【ドラマのみどころ】
山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活をへて翻訳家の道へ進んだヒロイン・花子は、子供たちに夢と希望を送り届けていきます。
【夢見る力を持ったヒロイン】
花子は、ひとり想像の世界に遊ぶことが好きな少女。つらいとき、悲しいときも、夢見る力(想像力)を支えに乗りこえていきます。翻訳家として「赤毛のアン」との運命的な出会いを果たします。

シンガー・ソングライターの絢香(26)が次期NHK連続テレビ小説「花子とアン」(3月31日スタート、月~土曜前8・00)の主題歌を担当することになった。

主題歌は『にじいろ』。ごちそうさんの源ちゃんもお気に入りの曲です。

絢香さんのツイッター https://twitter.com/Ayaka_1218

戦争へと向かう不穏な時勢に、翻訳家・村岡花子は、カナダ人宣教師から友情の証として一冊の本を贈られる。後年『赤毛のアン』のタイトルで世代を超えて愛されることになる名作と花子の運命的な出会いであった。多くの人に明日への希望がわく物語を届けたい―。その想いを胸に、空襲のときは風呂敷に原書と原稿を包んで逃げた。情熱に満ちた生涯を孫娘が描く、心温まる評伝。

▼『花子とアン』キャスト(出演者)

明治26年、山梨・甲府の、富士山がよく見える貧しい小作農家に生まれる。10歳のとき、東京のミッション系の女学校に編入。卒業後、故郷・山梨に教師として赴任。その後、版社で編集と翻訳の仕事を始める。やがて結婚し、村岡花子として、翻訳家・児童文学者の道を進み、日本の読者たちに物語を通して夢と希望を送り届けていく。

吉高 由里子(よしたかゆりこ)
生年月日 1988年7月22日(25歳)
出生地  東京都
身長 158 cm
血液型 O型
職業 女優
事務所 アミューズ

テレビドラマ
『太陽と海の教室』『白い春』
『東京DOGS』『私が恋愛できない理由』
『ガリレオ』

NHK次期連続テレビ小説「花子とアン」のスタジオ取材会が行われた。
「私が司会をやったらとんでもないことになりそう。ただ(オファーがあれば)その時には仲間さんと一緒にやらせていただきたい」と意欲を見せた。

2014年1月8日 不思議ちゃんと言われている吉高由里子さん。紅白の司会は一度みてみたいですね。

明日からだよ はぅーぅ。 どきどきするよ きゅんっとするよ 皆さん 夏の終わりまで 毎朝 あなたの15分 私にください 届くかな 届くといいな 届け届け届け pic.twitter.com/YnsTS5dOj3

印刷会社の息子。花子が女学校時代に知り合う。英治は結婚していたが、花子と恋に落ち、悩み、恋を成就する。印刷会社を継いだあと関東大震災に遭遇。花子と二人三脚で再生への道を歩んでいく。

鈴木 亮平(すずきりょうへい)
生年月日 1983年3月29日
出生地・兵庫県西宮市

主な作品
黒の女教師(TBS)
彼岸島 (TBS) - 宮本篤 役
花子とアン(NHK) - 村岡英治 役

HK/変態仮面(2013年4月13日公開) - 色丞狂介 役(主演)
ガッチャマン(2013年8月24日公開) - 中西竜 役

ブログ http://ameblo.jp/suzuki-ryohei/

森田ももの娘。英治と花子の養女。花子のことを実母のように慕い育った。(18歳~)

金井 美樹(かないみき)
生年月日 1996年9月10日
現年齢 18歳
出身地・群馬県
事務所 アミューズ

公式ツイッター https://twitter.com/k_mikitea

森田ももの娘。英治と花子の養女。花子のことを実母のように慕い育った。(10歳~12際)

三木 理紗子(みき りさこ.)
生年月日: 2002年9月26日
出身地: 東京都
趣味: ミュージカル観劇、ピアノ
特技: 声楽、クラシックバレエ、英語(英検2級)

まとめ http://matome.naver.jp/odai/2140875146845995401

花子の2つ年下の妹。女学校に進んだ花子にあこがれる。小学校を出ると、家計を助けるため製糸工場に住み込みで働くが、やがて工場から逃げ出し、花子を頼って上京。カフェの女給として働き始める。その後、東京の出版社で働く花子と同居することになる。悲しい恋をへて、職業婦人としてたくましく生きていく。

黒木華(くろきはる)
生年月日 1990年3月14日(23歳)
出生地 大阪府
身長 164 cm
血液型 B型

出演作品
『リーガルハイ2』
『純と愛』
『ザ・キャラクター』
『表に出ろいっ!』
映画『東京オアシス』

花子より8歳上の、伯爵家の娘。23歳で女学校に編入し、花子と出会う。政略結婚のため福岡に嫁ぎ、一度は花子と決別するがやがて再会。福岡で愛のない結婚生活に苦しむうち、年下の青年と恋に落ち、思いを貫くため駆け落ちする。花子とは、生涯にわたるかけがえのない友となる。

仲間由紀恵(なかま ゆきえ)
生年月日 1979年10月30日(34歳)
出身・沖縄県浦添市
身長 160 cm
血液型 A型
プロダクション尾木

主な作品
『TRICK』シリーズ
『ごくせん』シリーズ
『功名が辻』
『映画版 大奥』
『ありふれた奇跡』
『テンペスト』シリーズ
『神様、もう少しだけ』

花子の友人役に仲間由紀恵
 東京・渋谷のNHK放送センターで記者会見した仲間は「出演者の皆さまと心を通わせて、一生懸命、明るく楽しい朝のドラマを作っていけたらと思う」と抱負を述べた。

ヒロイン花子の生涯の友となる葉山蓮子。ネットで調べると花子より波乱万丈の人生を送るようです。

蓮子(仲間由紀恵)と恋に落ちる帝大生。

中島歩(なかじま・あゆむ)
1988年10月7日生まれ、
宮城県出身。
舞台『黒蜥蜴』で役者デビューする。
趣味は落語、釣り、写真、ギター。

蓮子・龍一の長女
第22週より登場


芳根 京子(よしね きょうこ)
生年月日 1997年2月28日(17歳)
出生地  東京都
事務所 ジャパン・ミュージックエンターテインメント

まとめ http://matome.naver.jp/odai/2140841400274550501

花子と同じ頃に女学校に編入し、寄宿舎で花子と同室になる。貿易会社の社長の娘。初め、花子は亜矢子に劣等感を抱くが、やがて親しい友人となる。結婚こそが女の幸せだと考えていたが、卒業後は出版社に就職。花子の同僚になり、恋のライバルともなっていく。

高梨臨(たかなしりん)
別名 高梨真莉(旧芸名)
生年月日 1988年12月17日(25歳)
出生地 千葉県船橋市
身長 166 cm
血液型 A型
職業 女優
事務所 スターダストプロモーション

テレビドラマ
『侍戦隊シンケンジャー』
『花子とアン』

ブログ http://ameblo.jp/rin-takanashi/

高梨さんは、朝ドラ初挑戦となるが「毎日、勉強になります。両親が必ず見ているドラマに出るというのは素直に嬉しいです」と語る。「面白い方が多いので楽しいです。前日のリハーサルの本読みで、私が漢字を間違えて読んでたんですが、仲間さんが後でこっそりとみなさんに聞こえないように教えてくださいまして。天使のような先輩です」と笑顔を見せた。

花子の6つ年下の妹。花子に子守をされて育った。花子の幼なじみ・朝市に思いを寄せるようになる。花子が教師として山梨に帰ったとき、花子と朝市の接近ぶりに複雑な感情を抱く。北海道の農家に嫁ぐが、やがて上京し、花子と再会する。

土屋太鳳(つつやたお)
生年月日 1995年2月3日 18歳
東京都出身
血液型 O型
身長 155 cm

出演作品
連続テレビ小説(NHK) おひさま- 木村ハナ(少女期) 役
花子とアン(2014年3月31日) - 安東もも 役
黒の女教師 - 松本栞 役
リミット- 神矢知恵子 役

ブログ http://ameblo.jp/tao-tsuchiya/

1 2 3 4