1. まとめトップ

全長166.9㎞(停留所167)を6時間半かけ走る日本最長路線バス・八木新宮バス

八木新宮特急、それは、高速道路を使わない一般道を走るバスの中では日本一の走行距離を誇る路線バス。奈良県の八木と和歌山県の新宮を結び、その全長は166.9kmにもなる。停留所の数は168。所要時間はなんと6時間半。一部では「マゾ専用」とも言われる八木新宮線についてまとめました。

更新日: 2016年12月12日

gosyuinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 30889 view
お気に入り追加

■日本最長路線バス

一般道を走るバスの中では日本一の走行距離を誇る路線バスで、奈良県の八木駅と和歌山県の新宮駅とを結びます。

■全長166.9km / 停留所数168

全長166.9㎞、停留所の数は167、高速道路を使わない路線では、日本一の走行距離を誇る路線バス、それが八木新宮特急バスです。
道中には、日本一大きな村といわれる十津川村、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を駆け抜け、知る人ぞ知る温泉地もたくさんあります。

全部で167の停留所に停車しますが、始発の停留所(八木駅または新宮駅)を含めると、八木新宮特急バスの停留所は全部で168あります。

上側が八木駅、下側が新宮駅…ですが、読めませんよね。

路線図というよりは蟻の巣を横から見た感じに見えなくもない。
あるいは、ドラクエやFFなどのダンジョンマップに見えなくもない。
まー、なんだ、路線図にはとても見えない!

■所要時間6時間半

八木駅を出発し、国道168号線を通り約6時間30分かけて終点の新宮駅を目指します。

新宮駅行きのバスで最も早い便が八木駅を出るのが9:15、終点の新宮駅に到着するのが15:44!

ちなみに、同じ頃に東京駅を出た新幹線が約1200キロ先の博多駅に到着するのが14:30頃…って、虚しくなるからやめましょう。早ければイイというものではないのですよ、多分。

それ故にこう評されたりもする…

■路線バスなのに休憩時間あり(計3回)

途中、五條バスセンターで約10分、上野地(谷瀬吊橋)で約20分、十津川温泉で約10分の休憩をお取りいたします。便により休憩時間が異なりますので、詳細はご乗車時に乗務員へご確認ください。

2回目の休憩地では度胸試しが可能!

2回目の休憩地である上野池では、乗客の多くが谷瀬(たにぜ)の吊橋に足を運びます。
これは、生活用の鉄線吊橋としては日本一の吊橋。

この画像からだと、たいしたことないなって思うかもしれません。が、かなりたいしたことあります(経験者語る)。
高所恐怖症の人が渡るのは無理です。

横から見ると、この吊橋の大きさがよくわかる。

人がごみのようだ!
人が小さい、ちょー小せー!!

画像にもあるように一度に20人しか渡れません。

バスの休憩時間は約20分です。
休憩地から吊橋まで数分ですが、向こうまで行って戻ってくる場合、片道5分程度しか時間がありません。
しかも、向こうまで行って戻ろうとしたら、橋の上に20人が…となると渡れませんので、定員オーバーで時間オーバーとならないように注意が必要です。

途中で引き返すのも勇気です!

谷瀬吊橋の参考動画↓

お笑いタレントで「鉄道好き芸人」として活動している鈴川絢子(よしもと所属・「第2回かわいすぎる女芸人No.1決定戦」1位)さんの動画。

谷瀬吊橋は動画の7分40秒付近からご覧ください。

■路線バスとは思えないそのお値段!

八木駅から

2,450円 上野地
3,400円 十津川温泉
3,450円 ホテル昴
3,950円 本宮大社前
4,050円 湯の峰温泉
4,100円 川湯温泉
5,250円 新宮駅

5,250円というと、新幹線なら東京-新富士、新大阪-米原といったところですかね。

バスの料金箱にお札を数枚入れる経験というのは、なかなかできるものではありません。

終点に近づくと、画面1枚では全ての料金を表示・確認すことこはできません。

そりゃそうです、横に5、縦に6の合計30停留所分しか一度に表示できないのですから(始発の停留所を除くと167の停留所があります)。

■6時間半バスに乗り続けた勇者にのみ与えられるご褒美

起点から終点まで同一便で乗車した場合にゲットできる証明書。運転手さんから頂けるそうです。


※2014年の初めの頃には公式HPで完全乗車証明書についての記述がありましたが、2014年10月時点ではその記述がなくなってしまいました。今ももらえるのかな?

■廃止議論も根強いので気になる人はお早めにご乗車ください!

【注意事項】

■通る地域の特性上、部分運休されている場合も多いので、事前に奈良交通のHPで運行情報を調べることを【強く】推奨します!

(下の内容は2017年7月21日のもの)

○八木新宮線・十津川線・広域通院ライン線は、平成23年紀伊半島大水害の影響により、当面の間、高滝口には停まりせん。

(2017年7月21日閲覧)

最新情報は、上記のリンク先(新着情報というところをクリック)よりご確認ください!

(最新情報は各自で要確認!)

1 2





gosyuinさん