1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

女子アナトップの人気者の水卜麻美アナについてまとめました。

niceredさん

水卜麻美アナ、日テレ合格後に即リバウンド「人事部に"詐欺"と怒られた」

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、8日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『解決!ナイナイアンサー』(毎週火曜21:00~)に出演。アナウンサー試験に合格するため1カ月で5~6キロ痩せたものの、日テレ合格後にすぐリバウンドしたため、人事部から「詐欺だ」と怒られたことを明かした。


水卜麻美アナ
番組では、現在よりも痩せている水卜アナの入社当時の写真を公開。そのスリムさに、出演者たちから「ウエストすごい」「めっちゃ痩せてる」と驚きの声があがり、ナインティナインの岡村隆史は「修正してます?」とツッコんだ。

水卜アナは「実はエントリーシートに貼った写真なんです」と説明。「ずっとアナウンサーになりたくて、いざ初めの試験会場に行ったら細い人ばっかりいて大ショックで、その日から母にダイエット宣言した」と話し、「夜は春雨スープだけ、朝もリンゴだけ。今考えると体調崩すようなダイエットをして、1カ月ちょっとで5~6キロ痩せた」と明かした。

そして、「体に悪いから絶対ダメなんですけど、ただただ受かりたくて」と当時の強い思いを告白。さらに、「合格してからすぐリバウンドしたので、人事部に相当怒られて…。詐欺だ詐欺だって」ということも打ち明けた。

旬の美女アナ「オトコ争奪バトル」を火花実況(3)日テレ・水卜麻美が画策する「カレシ奪還プラン」

 フジ局内で嫉妬の炎を燃やしていたのは山崎夕貴アナ(30)である。

「先日、フジのアナウンサーが集った飲み会に、山崎アナと交際中のピン芸人・おばたのお兄さん(29)がそろって顔を出したのですが、山崎アナは『他の女子アナに彼氏を奪われやしないか』と警戒して、彼の横から一切離れなかったそうです。後日、山崎アナからその話を聞かされた他の出席者は『さすがに狙わないでしょ!』と爆笑したとか」(番組関係者)

 他局に目を向ければ、あの“殿堂入りアナ”もオトコ絡みで憤激しているという。

「日本テレビの水卜麻美アナ(30)です。15年に関ジャニ∞・横山裕(36)との熱愛が報じられましたが、その後、ジャニーズ事務所に配慮した日テレ上層部の説得もあって、会えない状態が続いています。共演していた『ヒルナンデス!』から朝の『スッキリ』へ異動したこともあって、横山への未練は完全に断ち切ったと聞いていたのですが‥‥」

 こう明かす日本テレビ関係者によれば、“復縁”への発奮材料となったのが、フリーアナの田中みな実(31)の暗躍。

「横山と田中の交際を確信したんです。昨春から噂が流れていましたが、周囲の話から、水卜アナ本人が断定に至ったのは昨年末のこと。彼女からすれば『別れたつもりはなく、田中に略奪されている』という認識かもしれません」

 そんな水卜アナがひそかに画策する「カレシ奪還プラン」は驚くべき内容だという。親しいスタッフに、

「気がねなくカレとつきあうには、フリー転身どころかテレビの世界から姿を消さなくては‥‥」

 こんな苦しい胸の内を明かしたというのだ。

 女子アナが悩ましい三角関係に陥りやすい背景について、芸能評論家の三杉武氏が解説する。

「最近は過重労働が問題視されているように、人気女子アナともなると多忙を極め、職場以外での出会いの機会が少なく、プライベートを充実させるのは難しい。結果、局員や番組で共演する芸能人、取材対象のスポーツ選手などとくっつくケースが多く、男性関係がかぶることにつながるのではないでしょうか」

 オトコ争奪の戦火はますます広がりを見せそうだ。

水卜麻美アナ「スッキリ!!」異動で「ヒルナンデス!」が非常事態

9月いっぱいで「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)を、卒業することになった水ト麻美アナ。2010年の入社以来、2011年3月から6年半にわたって番組を担当して来ただけに、「寂しい気持ちでいっぱい」と、思いを語った。

水卜麻美「スッキリ!!」に異動で小倉智昭が戦線恐々!?

8月8日に放送されたバラエティ番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、アシスタントを務める同局の“ミトちゃん”こと、水卜麻美アナウンサーが9月で番組を卒業し、10月から朝の情報番組「スッキリ!!」の新MCに就任することが明らかになった。

日本テレビアナウンサー・水卜麻美とハリセンボンの近藤春菜がスタジオMCを務める同局特番『ダイエット・ヴィレッジ~デブのままでは終われない汗と涙の大減量合宿 2017年夏~』が28日の午後9時から放送。収録を終えた番組で紹介されたダイエット法や挑戦者に触発されたのか、水卜は「私もダイエットしよう! 今が最高に重いので夏までに7キロ!」と掲げ、近藤も「じゃあ私は3キロ痩せる!!」と意気込んだ。

元日テレP語る 水卜麻美アナ“好感キャラ”に隠された実力

「好きな女性アナウンサー」ランキングで4年連続ナンバーワンに輝いた日本テレビの水卜麻美アナウンサー。さらに29歳にして「上司にしたい女性」ナンバーワンになりました。2位は49歳の天海祐希さんですから、水卜さんが若いながらも頼もしくて一緒に仕事がしたくなる魅力を振りまいている証明でもあるでしょう。

人気女子アナランキング1位の座に輝き、いまや日テレの顔である、ミトちゃんこと水卜麻美アナ(27)。
「彼女が出れば視聴率が獲れるとあって、どの番組からも引っ張りだこです。6月28日放送の特別ドラマ『奇跡の教室』では、女優として出演したし、もう何でもありですよ」(番組制作会社関係者)

スケジュールは相当ハードで、労働基準法に抵触するため、泣く泣く出られない番組もあるという。
「水卜アナの立場を象徴するのが8月30日、31日放送の『24時間テレビ』の司会という大役。プレッシャーも半端じゃないと思います」(放送作家)

「理想の上司」水卜麻美アナが初の1位 天海祐希の8連覇を阻止

明治安田生命が「理想の上司」ランキングを発表した
日本テレビの水卜麻美アナが初の女性編1位を獲得し、天海祐希のV8を阻んだ
男性編では内村光良が初の1位に輝き、タモリ、池上彰氏と続いた

水卜麻美アナも顔面蒼白、「ヒルナンデス!」でガチすぎる放送事故が発生

お昼時のお茶の間に笑顔を届ける情報バラエティ番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、まさかの放送事故が発生し、視聴者をあ然とさせた。

ぽっちゃりキャラで人気を博し、すっかり国民的アナウンサーとなった日本テレビの水卜麻美アナ。ファンは先日放送された「24時間テレビ」である期待を抱いていたようだが、虚しくもあっさりと裏切られる結果となってしまった。

歌丸が中に入れそう?水卜麻美アナ、「笑点」の着物姿に「過去最大肥大化」の声


 日本テレビの水卜麻美アナが「また太った」ともっぱらの評判だ。

 5月15日に放送された「笑点 50周年記念SP」で、水卜アナは翌週に同番組の司会を勇退した桂歌丸の横に座り、進行をアシスト。この日は白い着物を着用していたが、やせ細った歌丸と並んだことで、そのぽっちゃりボディがこれでもかと目立っていた。

 帯の締め付けもかなりキツそうで、その“パンパン”な着物姿には「過去最大級のおデブ状態では?」「歌丸師匠が中に入れそう」といったツッコミや、「ミトちゃんはこれで良し!」「さらに進化した」というぽっちゃり好きの声が飛び交い、視聴者の視線の“焦点”は完全に水卜アナに集まっていたようだ。

「彼女の人気の高さは、あのぽっちゃりボディあってのもの。元々は美味しそうに食レポする姿からブレイクしたわけですが、その仕事ぶりに違わぬリアルな体形ということで、主婦たちからの好感度も非常に高い。万が一、彼女が痩せる方向へシフトチェンジしたら、お肉と同時に人気も捨てることになりかねない」(週刊誌記者)

 しかし、この肥大化した水卜アナが見られるのは「今だけかもしれない」とテレビ関係者は心配する。

「彼女は、8月の『24時間テレビ』の本番に照準を合わせてボディを絞っていくつもりだそうです。以前、メインパーソナリティーの関ジャニ∞らに『Tシャツがピチピチ』『サイズが違う』とイジられたことで、本番前にダイエットを敢行。ピチピチ度が控えめのTシャツ姿を披露しました。昨年にいたっては本番1カ月前の制作会見の時点でスリム体形になり、ぽっちゃりファンは落胆。今年もおそらく総合司会を務めることが予想されていますから、ダイエット前に食べられるだけ食べておこうとした結果、今まで以上にパンパンになってしまったのかも」

 本格的な夏が来る前に、ぽっちゃり好きは彼女の“ぬいぐるみ体形”を目に焼き付けておいたほうが良さそうだ。

水卜麻美アナが2015年9月22日の「ヒルナンデス!」で北海道の名産を食べ続けた
いかめしやカニの甲羅盛り、十勝和牛のステーキと次から次へと口に運んだ
ラーメンをすすり続ける水卜アナに案内人は「すごいですね…」と苦笑いした

マツコ、水卜アナに満点評価!「非の打ちどころがない」「完璧

マツコ・デラックスが12日の番組で、水卜麻美アナを絶賛した
水卜アナは加藤綾子アナを目指していないところが卑怯だ、と評価した
加藤アナとの勝負は避け、完全勝利してるとマツコは分析した

庶民的なキャラクターや、豪快な食べっぷりなどがウケて、従来の女子アナとは違うイメージで、人気絶頂の日本テレビの“ポッチャリ系女子アナ”水卜麻美(みうら・あさみ)アナ(27)。

昨年、オリコンの『好きな女性アナウンサーランキング』でフジテレビの加藤綾子アナの3連覇を食い止め、初の1位に輝いた日本テレビの水卜麻美アナ。現在、お昼の情報番組『ヒルナンデス!』のほか、『有吉ゼミ』や『幸せ!ボンビーガール』などのバラエティ番組にも多数出演している。

水卜アナが“オパイェ”決めた、山口達也に促され照れながらポーズ。
日本テレビの水卜麻美アナ(27歳)が、5月13日に放送されたバラエティ番組「幸せ!ボンビーガール」で、照れながらかわいい“オパイェ”を披露した。

“オパイェ”は、この日の同番組に出演した、元グラビアアイドルで、現在女子プロレスラーとして活動するのの子の得意技のひとつ。新日本プロレスの中邑真輔選手が繰り出す膝蹴りのボマイェ……にちょっと似た、自慢のKカップバストを突き出し、相手の顔面にアタックする技のことだ。

この胸を突き出す“オパイェ”のポーズ。番組ではMCの山口達也に「どう? オパイェやれば?」と促される形で水卜アナも挑戦、照れながら笑顔で、そしてかわいらしく“オパイェ”と言いながら胸を突き出し、ポーズを決めた。

ちなみに、番組では女優の鈴木砂羽(41歳)も、楽しそうに“オパイェ”を連呼。やはりキュートな“オパイェ”のポーズを披露した。

日本テレビでは、情報番組『ヒルナンデス!』でスターダムにのし上がった“ミトちゃん”こと水卜麻美アナ(26)の勢いが止まらない。毎年恒例のオリコン「好きな女子アナランキング」では、とうとう1位を獲得。フジテレビの加藤綾子アナ(28)を抑えて初のナンバーワンに輝いた。

 ふくよかな体型でいつもニコニコ笑顔を絶やさないため「おっとりしたタイプ」「癒し系」と勘違いされやすいが、水卜アナは日テレ内でも「ガツガツいくタイプ」として有名だ。

 本人もそれを隠す様子はなく、昨年12月17日に放送された『踊る!さんま御殿!!』スペシャルに登場した際は、こう断言している。

「仕事が大好きで、今担当している番組はひとつも降りたくないし、休みも取りたくない。テレビに出ていないと忘れられるんじゃないかと不安」

「自分が出ていない時の『ヒルナンデス!』で、後輩アナが南原(清隆)さんと楽しげに話しているといてもたってもいられない」

「出演作は全部見る。全部録って会心の出来のものだけを集めて編集している」

 オードリーの若林正恭からは「こんなにガツガツしているのは『平成ノブシコブシ』の吉村(崇)とミトちゃんだけ」といわれたとも話しており、自他共に認めるモーレツぶりなのだ。日本テレビの社員がいう。

「そんな発言をしても、嫌味に感じさせないのが水卜アナのすごさ。他の女子アナが同じことをいったら猛反発を食らうでしょう。

 件の『女子アナランキング』でも、男性支持は3位だったが、女性支持はダントツ1位。オバチャンからの受けの良さが圧倒的なんです。これは若手女子アナとしては非常に珍しいこと。

“もしかしたら仕事のために計算してぽっちゃりキャラをやっているのでは”と勘ぐる声もあるほどです」

1 2