1. まとめトップ

見るからに痩せ過ぎ、あばら骨がでています。

少しやせ気味のアナ・カロリナ・レストン

標準体重の時のアナ・カロリナ・レストン

標準体重の時のアナ・カロリナ・レストン

標準体重の時のアナ・カロリナ・レストン

アナ・カロリナ・レストンは21歳で2006年11月に食欲不振のため死亡したブラジル人モデルであった。彼女の場合、彼女の美しさは、彼女の "力の源"だった。
彼女が子供の頃、彼女の家族の貯金が盗まれ、突然、彼女は彼女の家族を助けるための責任があると感じました。彼女の故郷の小さな美人コンテストで優勝した後、彼女はモデル業をやり始めました。
彼女の体重減少が制御不能になっていったと推測している。彼女は拒食症による腎不全の後に2006年11月15日に死亡した。

マリアとケイティ·キャンベル、一卵性双生児は、
今33歳の双子は父親への抵抗の手段として、食べるのをやめることを決めた...
マリアとケイティは父親にひどい事を言われたため、親を「処罰」しようとして、自分たちの生活の最後の20年間を費やしてきました。明らかに、これらの女性は彼らの食欲不振に伴う重度の精神問題を抱えている。
双子は異常に幼稚な体や声を持っている。拒食症で髪が抜けはじめました。
やがて、ケイティは、歩行困難になり、背中の痛み、骨粗しょう症、慢性胃の痛みと膵炎を患っていました。

娘と同じ服を着る親子

一見すると彼らは姉妹かもしれませんが、この驚くべき画像をもう一度見て。彼らは、実際には、26歳の母親と彼女の娘である。拒食症に苦しんでた後、子供を出産しました。

ウルグアイのファッションモデル、エレーナ・ラモスの妹、ルイゼル・ラモス(22)は、ファッションショーに出演中に死亡した。
エレーナ・ラモスはモンテビデオ、ウルグアイの首都の自宅で死体で発見された、警察は彼女が心臓発作で死亡したと発表しました。

ケイト・パンチャーは拒食症であったが、婚約者が彼女に2サイズ、大きいウェディングドレスを買って、それに合わせた体になって欲しいと彼女に言った。
それをきっかけに拒食症の障害を克服した。
彼女は一日三食を食べ始め、最終的なフィッティングでも彼女のドレスはあまりにも大きかった。グラスゴーからのカップルは、2009年にキューバで結婚し、ケイト・パンチャーは、以来、娘を出産しました。

ファッションモデルのアン·ウォードは体重が45k未満で、これがちょうど彼女の自然な体重であると主張するが、モデル業の場合、摂食障害を持つことはタブーである。

彼女は摂食障害でないと主張したモデルですが、彼女の体は画像で見ると、
痩せ過ぎは明らかです。

その他の拒食症の人達

1 2 3 4 5 6





体調が良くない人はご覧ください。
不定愁訴について書いてあります。