1. まとめトップ

話題のリトル・ホンダ発言について

本田圭佑選手のACミラン入団会見での印象的な「心の中のリトル・ホンダに聞きました」発言について。

更新日: 2018年05月17日

1 お気に入り 77917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rocknrollerさん

少年時代からの夢であったACミラン入団を気の利いたコメントで表現した本田選手。

セリエA移籍の夢を子供の頃から語っていた本田だが、ミラン加入を決めたことについては、「心の中のリトル・ホンダに聞きました。そうしたら『ミランでプレーしたい』と答えた。それが決断した理由です」と述べ、「すべきこと、それはピッチで結果を残すこと」と決意を語った。

オランダ代表ファン・ペルシー選手の移籍会見での「リトル・ボーイ」発言のパクリじゃないの?との指摘も。

12年夏にアーセナルからライバルであるユナイテッドへ移籍したファン・ペルシーは、その入団会見で「難しい決断をしなければならないとき、僕は自分の中にいるリトルボーイにいつも聞くんだ。お前はどうしたいんだって。そうしたら彼が『ユナイテッド!』って叫んだんだ」と語った。

でも敢えて「リトル・ホンダ」という表現を使った本田選手の意図は?

「リトル・ホンダ」は60年代アメリカの人気バンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」1964年リリースのアルバム『All Summer Long』にも収録された名曲で、本田技研工業の全世界的大ヒット小型バイクのことを歌った曲でした。

世界中で有名な日本のブランド、HONDAのちょっとレトロなオシャレ感もあるイメージにかけて。

「幼い本田」=「リトル・ホンダ」という言い回しで。

全世界が注目する会見で、世界に通用するウイットに富んだ言い回しで幼いころからの夢を表現した本田選手に、抜群の自己アピールセンスを感じるのです。

1