①羽でお腹を擦って鳴らす摩擦音

②発音膜という鳴き声を出す器官を、発音筋で震わせ音を出し
共鳴室で音を大きくしている。腹弁の開閉の調節で鳴き声の強弱や調子を変えている。

ということです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

セミの鳴く仕組みを知りたくありませんか?

どうやら他の虫たちとは違う構造があるようです

このまとめを見る