1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

まとめてみると凄い!2014年公開予定のアニメ映画【保存版】

2014年公開予定のアニメ映画が名作揃いなので一挙にまとめてみました。どのアニメ推しですか?(私はタイバニです)このまとめをチェックして2014年も映画館へGo!

更新日: 2014年02月15日

641 お気に入り 541015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■最注目は2014年夏公開のジブリ最新作

来夏公開予定のスタジオジブリ新作が、米林宏昌監督の「思い出のマーニー」

米林宏昌監督は2010年公開「借りぐらしのアリエッティ」以来2度目。

内省的で孤独な少女が、不思議な少女マーニーと仲良くなり、成長していく物語。

■ジブリアニメに並ぶもう一つの意欲作

出典ameblo.jp

日本音楽事業者協会50周年作品。
2月22日公開。

1945年、敗戦直後の北方四島における実話をもとに、ソ連軍の進駐によって過酷な運命を歩む島民たちの姿を描く。

監督はテレビアニメ『お伽草子』や『宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-』の西久保瑞穂さんが務める。

西久保瑞穂監督は押井守『イノセンス』や『スカイ・クロラ』で演出を担当。

原作・脚本は、テレビドラマ『北の国から』の演出や映画『最後の忠臣蔵』の監督で知られる杉田成道さん、音楽(メインテーマ)には、シンガーソングライターでタレントとしても活躍するさだまさしさんを起用

北の国からコンビが復活。

市村正親、仲間由紀恵、柳原可奈子、ユースケ・サンタマリア、犬塚弘、八千草薫、仲代達矢、北島三郎らが声優として参加していることでも話題の作品。

豪華声優陣が参加。かなり期待が持てるアニメ映画です。

■ディズニーアニメ最新作

ディズニーアニメ最新作『アナと雪の女王』の日本語吹替版で松たか子が雪の女王・エルサの声を担当することが発表された。

英語版の同役はミュージカル『ウィキッド』でトニー賞を獲得した女優イディナ・メンゼル。

「まさか自分がディズニーの世界に入れるなんて思ってもみなかったので、お話をいただいたことにすごいびっくりしました。でもディズニー映画のヒロインができるのなんて一生に一度なので、一生懸命チャレンジしようと、非常に嬉しく思いました」とコメント。

劇中でエルサが歌う3曲は、日本語版では松たか子が実際に熱唱する(なお、同映画の日本語版主題歌(エンディング・ソング)は、May J.が歌う「Let It Go~ありのままで~(エンドソング)」)。

■手塚治虫の世界、再び

本作は、手塚治虫が10年の歳月を掛けて描いた人間の生と死の一大叙事詩「ブッダ」の映画化。2011年に第1作目が公開され、その待望の続編となる。

前作は俳優の堺雅人、今作では吉岡秀隆の母親役を務めた女優の吉永小百合は「俳優としてお母さん冥利に尽きております」と感激

次回作があるなら「ぜひ松山さんの母親役を演じたい」と熱望した。

豪華なキャストで話題。

会見には共演する観世清河寿、大和田伸也、小村敏明監督、エグゼクティブ・プロデューサーの森下孝三が出席した。なお、本作はフランスが誇る世界最大級の美術館・ルーブル美術館で、1月27日にワールドプレミアを開催する予定になっている。

1 2 3 4 5