1. まとめトップ

日野市の話

更新日: 2015年04月29日

mkijiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 1655 view
お気に入り追加

自転車情報

日野市の特産物について

■日野ファーストトマト http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/198,55042,322,1913,html
・日野市が誇る特産物はトマト。3月頃からハウス栽培のトマトの販売が始まり、4月中旬を過ぎると「日野ファーストトマト」と名付けられた温室トマトが出そろい、5月最盛期を迎えます。市内直売所などで購入できます。

新撰組

土方歳三の墓がある石田寺。

高幡不動尊

・関東三大不動の1つで、新選組副長だった土方歳三の銅像が建っている高幡不動尊(高幡山
 明王院金剛寺)があり、仁王門や丈六不動三尊は、国の重要文化財に指定されている。
・ここには土方歳三の巨大な銅像があるが、表情とかポーズが立派過ぎ、見ていて何だか
 気恥ずかしい。新撰組関連で見るべきはむしろその隣にある、近藤と土方を讃えた
 「殉節両雄之碑」だろう。篆額(てんがく)が会津藩主・松平容保(かたもり)、碑文の
 筆者が幕府典医で新撰組とも縁の深い松本順という、由緒ある碑だ。ここの山門には高い
 ところに千社札がびっしりと貼りつけられている。
・高幡不動の正式な名前は、高幡山明王院金剛寺です。千葉県の成田山新勝寺、神奈川県の
 雨降山大山寺とともに「関東三大不動」として親しまれています。

たきび

たきびの作詞者で、晩年を同市で過ごした巽聖歌(たつみせいか)の功績を地域に広めようと、JR豊田駅の発車メロディーが2010年「たきび」になりました。

多摩動物公園

・日野市にある多摩動物公園では、高い木の上を渡り歩くオランウータンの優れた能力を見て
 もらおうと、2005年に空中施設を設置。全長約150メートルのロープをオランウータンが
 ゆっくり移動するスカイウォークが見られます。
・ちなみにオランウータンのモリーちゃんは2010年5月に世界最高齢(推定58歳)になりました。
・現在サファリパークなどで当たり前となった、ライオンバスを、世界で初めて導入した
 のが、ここ、多摩動物公園なんです。

京王百草園

・「梅の名所」としても知られる京王百草園。園内には約50種500本の梅が咲き誇る。

ブルーベリー酒

日野市では、ブルーベリーを発泡酒にして市内で6月下旬に限定販売しています。 新選組のキャラクターをラベルにしてある330ml瓶に入った1本300円の発泡酒。 ご興味ある方はお早めに!

うなぎ

日野市ではうなぎの大群が堤防を守りまちの洪水を防いでくれたという言い伝えから「うなぎ」を食べない地区があります。

衛星都市

・日野町は「衛星都市」を目指していた。戦後復興に伴って東京への人口集中が進み、住宅不足が深刻な問題になっていた。そこで郊外に職住近接の新しい町をいくつか設けて、人口と都市機能を分散させようとしたのが政府の「衛星都市構想」だ。そのための市街地開発地区に日野・八王子地区が指定され、「衛星都市第1号」といわれた。
・日野がいち早く名乗りを上げたのは、働く場として日野自動車や富士電機など戦前に誘致した大工場があったからだ。「当時の技術者が優れていたのは、この建物を配置する際に人々の心を潤す領域を大切にしたことでした」自然の地形を生かし、植栽を増やし、コミュニティの場を確保した。欧米の高層住宅の多くが今、老朽化とともに荒廃し、犯罪の温床になっている。手がつけられなくなり、爆破除去された団地もある。高齢化などの問題を抱えながらも日本の団地がこうした事態にならないのは「領域」の豊かさにあるという。
・春には桜が咲き誇り、夏は盆踊りの輪ができる。秋の運動会、暮れの餅つき大会。井戸端会議があり、回覧板があり、同好会の集いもある。
・「日本初のカラーフィルムが日野で生まれたことを知る市民は今では少ないかもしれません。」

1





多摩と自転車と読書が好きな立川在住34才のまちづくりコーディネーター。出会ってきた人たちと過ごす日々を大事に、自然に暮らしていきたいなと思う今日この頃です。