1. まとめトップ

町田市の話

更新日: 2014年07月31日

mkijiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1026 view
お気に入り追加

概要

・町田市立国際版画美術館、日本で唯一の版画を中心とする美術館。国内外の22,000点を
 超える収蔵品を有しています。
・薬師池公園。「新東京百景」「東京都指定名勝」に指定、「日本の歴史公園100選」に
 選定された町田市を代表する公園。

多摩第二の人口

多摩地域で二番目に人口が多い自治体で約42万人が生活しています。

まほろ駅前多田便利軒

・町田が舞台の映画「まほろ駅前多田便利軒」。主演は瑛太と松田龍平。便利屋を軸に展開するユーモラスで温かい人間ドラマを描いています。原作者の直木賞作家・三浦しをんは町田に20年以上在住。同作品には“町田らしさ”や“町田の魅力”があふれています。
・「市民文学館ことばらんど」では映画公開記念の「THE MAKING OFまほろ駅前多田便利軒」が観覧できます。
・芹ケ谷公園から、国際版画美術館を見学。昼食後は映画の舞台になった江戸時代の二六(にろく)の市の流れをくむ町田仲見世商店街などを散策。そんなツアーもいいかも。

文学のまち

・町田は遠藤周作、森村誠一、白洲正子など多くの作家が住んだ文学のまち。
・遠藤周作は療養のため、町田市に移り住んでから「狐狸庵山人」と名乗った芥川賞作家です。遠藤周作が移り住んだ頃の町田は畑が多く長閑な場所だったそうです。「市民文学館ことばらんど」には遠藤周作の遺品などもあります。

武相荘

小田急線北口から1kmほどの場所に、白洲次郎と正子が暮らした武相荘がある。GHQをして「唯一の従順ならざる日本人」といわしめた白洲次郎の茅葺き住居、一度見ておくのも悪くない。

大学のまち

特産ワイン

多摩地域の特産ワインとして町田市には「禅寺丸柿(ぜんじまるかき)ワイン」があります。

町田リス園

鶴見川源流

・鶴見川の最源流部は町田市上小山田田中谷戸に位置し、一日約1300トンの地下水を
 湧出する「鶴見川源流の泉」です。この安定した清流は、源流の生き物たちの賑わいを
 支え、水田の用水としても大切に利用されつつ、中、下流の街にむけて、多摩丘陵を
 かけおります。

自由民権運動

・町田市を含む昔の南多摩郡という地域は、明治政府の初期、強烈な自由民権運動があった
 場所だった。ここを訪れることはそのまま明治時代のこの地の青年たちの精神性に触れる
 ことになる。その青年たちの中には「楚囚之詩」の北村透谷もふくまれる。北村透谷は
 強烈な精神性の持ち主で、ついに耐えきれず25歳で命を絶ったぐらいだ。なんということだ。

1





多摩と自転車と読書が好きな立川在住34才のまちづくりコーディネーター。出会ってきた人たちと過ごす日々を大事に、自然に暮らしていきたいなと思う今日この頃です。