1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

京都で『カレーうどん』ならここ!名店7選

風味ゆたかな出汁にスパイシーなカレーを加えた「カレーうどん」。京都の人たちは「カレーうどん」が大好きなんだそうです。数ある京都のうどん屋さんの中から7つの名店をまとめました。

更新日: 2017年04月08日

592 お気に入り 358666 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■京都だからこその『カレーうどん』

実は、京都人は「カレーうどん」が大好きなんです。

深く長い出汁文化の歴史を持つ京都だからこそ、またそのこだわりもお店それぞれ人それぞれ。

■おかる:東山区八坂新地富永町132

北海道の天然昆布香深産の一級と最高級のサバ、ウルメ、カツオなどを合わせて採ったダシが自慢。

名物のカレーうどんは少し辛めで、麺は箸で持ち上げるとぷつりと切れるほどのやわらかさ。カレーの風味にかぶさるように長ネギの香りもして食欲をそそる。

■みや古:東山区三条通大橋東入2-79

麺は細くもなく太くもなく、ほどよい歯ごたえがあります。

自家製カレールーは、ラードやカレーパウダー、小麦粉などを4時間ほど混ぜ続けてようやく完成。とても手間がかかっています。

■味味香(みみこう):東山区祇園町南側528-6

創業1969年、カウンター6席の屋台からスタートした「味味香」。当時からカレーうどんにこだわり、京都にカレーうどんのジャンルを確立したカレーうどんの老舗。

祇園に移転した現在では、国内に留まらず世界中からカレーうどんを目当てにたくさんの客が訪れる。

昆布とカツオのダシに11種類の香辛料をブレンドしたオリジナル・カレースパイスを使ったシンプルな“和”のカレーうどんだ。

■山元麺蔵:左京区岡崎南御所町34

こだわりの麺は厳選された小麦粉を使用し、練り工程から切り工程までの全てが手作りです。

出汁は昆布をベースにウルメ・メジカ・サバ・鰹の節で取り、丁寧に仕上げられた出汁です。

また、どんなに忙しくても丁寧な接客でお店が繁盛する理由がわかる。

1 2