1. まとめトップ

女性にオススメの“元気が出る映画” 【シンデレラ ストーリー編】

夢や目標につまづいて落ち込んでしまった時や仕事に行き詰った時、夢や目標を持ち続ける事の大切さや、仕事の楽しさを気づかせ、やる気が出てくる映画(サクセス ストーリやシンデレラ ストーリーなど)をまとめました。これさえ見れば、落ち込んだ気分も吹っ飛び、明日からまた元気な貴女に!予告動画やレビューも掲載!

更新日: 2014年05月31日

231 お気に入り 340011 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

falcon001さん

❤ 幸せになるための27のドレス

プラダを着た悪魔」の脚本家最新作!
すべての女性の“わかるわかる”が凝縮した共感度No.1サクセス・ストーリー

「いつか自分が主役になれる日がくる」と信じながら、花嫁の引き立て役に徹してきたジェーン。
そんなある日、彼女にとってショッキングな出来事が起きる。
ずっと片思いをしていた上司のジョージが、ジェーンのわがままな妹テスに一目惚れ! 瞬く間にプロポーズへと突き進んでしまう。
どこまでもお人好しのジェーンは、泣きたい気持ちをグッとこらえて2人の結婚式の準備をすることに。
でも、ショックはそれだけじゃなかった……。

ちょっと自分に自信がなくなっちゃった時や
本当にこれでいいのかな?って悩んじゃった時に
見たい映画です。

いつでも「自分は補佐役」と考えている主人公が、妹や恋人と本音で語り合ううち、その「殻」を破る物語。なので、枠組み的には「ラブコメディ」ですが、「人間ドラマ」の方が大きいかな。

こういう「本音で語り合う」のは人間関係にとって大事だね、ほんまに。当たり障りなく、仮面をつけて生きるのは疲れるだろうから。

❤ メイド・イン・マンハッタン

マンハッタンの高級ホテルで働くメイドが、ひとつの嘘をきっかけに、未来の大統領候補と言われる政界のサラブレッドと恋に落ちる。だが、嘘から始まった恋は果たして成就するのだろうか…。
ジェニファー・ロペスとレイフ・ファインズが共演したラブ・ストーリー。監督は『スモーク』などを手がけた実力派のウェイン・ワン。
ゴシップ紙などでそのセレブぶりが伝えられるロペスだが、本作では、地道に働くことだけを信条としてきたシングル・マザーが思いがけない幸運に恵まれたときの戸惑いや迷いを好演。

ヒロインが、シングル・マザーであることで、大人の恋の物語りとなっている訳ですが、息子タイ(タイラー・ガルシア・ポジー )がとっても良い役割を果たしてましたね。

素直で、可愛いし、母親思いで‥。

どんな展開なのか、だいたい想像がつく。
わかっているけど、いつものように
胸キュンするの~。
やっぱりこういうラブストーリーが好きなのだぁ~。

まずラブストーリーとして観て楽しめる。
そして働くシングルマザーの頑張っている姿に、
元気ももらえる。

❤ キューティ・ブロンド

全米初登場第1位の大ヒット・コメディ!
リーズ・ウィザースプーンのキュートな魅力全開!

西海岸の社交界のアイドルのエルは、政治家を目指す恋人から「ブロンドは政治家の妻にふさわしくない」とフラれてしまう。
彼女は、彼にふさわしい女になろうと、彼の通うロー・スクールに通うことになるが、そこで悪戦苦闘するハメに…。

何度観たかわからないぐらい好きな映画です。
主人公エル・ウッズが映画の中に留まらず、観た人にも元気をくれる作品です。

女同士というのはなかなか難しいところもあるものですが、この映画の中ではエルの天然ハッピーさが周りを幸せにして皆仲良くなるので、観た後とってもスッキリします。

とても、ハッピーで楽しい映画でした。
そんなにうまいことはいかんだろうと・・・思いますが、こんなまさか~のお話は見ていて 笑顔が溢れてしまう。
ロースクールでは、ワーナーの新しい彼女には馬鹿にされ、厳しい女教授には 突き放され・・・
それでも、その明るいキャラクター、自分の意思、変わらないオシャレさ
で自分らしく突き進んでいくエルに勇気をもらえる。

❤ コヨーテ・アグリー

ソング・ライターになるという大志を抱いて、田舎からニューヨークにやってきたヴァイオレット。
しかし現実は厳しく、彼女は生活費を稼ぐために、過激なダンスが売りのバー「コヨーテ・アグリー」で働くことに。
そのあまりのすさまじさに最初はただただ驚くばかりの彼女だったが、しだいに踊ることの喜びに目覚めていき、そして…。


『アルマゲドン』『パール・ハーバー』などのプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマー製作による小気味よい青春サクセス・ストーリー。
実は彼には大作路線のほかにも『フラッシュダンス』『タイタンズは忘れない』といった青春路線も多く手掛けている。

涙・涙。
節々の場面で何度も涙が溢れました。

28歳。
12年前の映画ですが、この年で初めて観ました。

もっと昔に見ていれば・・・。
そう思う映画でした。
けれど、今観たからこそ、涙・涙で心に残る映画の1本になりました。

さて 凹んだときには元気が出る映画でもってことで
『コヨーテ・アグリー』笑

音楽・ダンス・恋‥ 青春!!

田舎からソングライターになることを夢見て
NYに出てきた女の子バイオレットのサクセス・ストーリー。

❤ モンテーニュ通りのカフェ

『シェフと素顔と、おいしい時間』のダニエル・トンプソン監督による人間ドラマ。パリのモンテーニュ通りに実在するカフェ“カフェ・ド・テアトル”に集う人々の人生模様を描く。
主演は『スパニッシュ・アパートメント』のセシール・ド・フランス。


パリ8区、モンテーニュ通り。この通りからは美しく聳え立つエッフェル塔が見える、パリきっての豪奢な地区。モンテーニュ通りにはすべてのパリがあった。劇場、オークションハウス、有名メゾン、由緒あるカフェ、そして出会いと別れ。

作品そのものが、まるでカフェでの出来事をLIVE映像で
映しているように見えたので、(あまりに自然過ぎたので)
最初は『眠たい作品かなぁ~』っと思ってしまいましたが、
カフェに集う個性的な登場人物たちの、いくつものドラマに
興味がわき、それが無理なく交わって行きくラストに脚本の
上手さを思い知らされ、思わずニヤリとしてしまいました。

なんだか最近、素朴でシンプルなフランス映画が好き。
だから派手さはないけれど、『大停電の夜に』、『ラブ・アクチュアリー』、『NOEL』、それに最近新刊で出た東野圭吾の『新参者』といった群像ハッピーストーリーが好きな方にはオススメ。

❤ フラガール

「常磐ハワイアンセンター」誕生までの実話に基づく感動ドラマ。
昭和40年、閉鎖の迫る炭鉱街を救うプロジェクトの目玉としてフラダンスショーが計画されるのだが…。松雪泰子と蒼井優が共演。

田舎の垢抜けない娘が(失礼)綺麗なフラガールに成長していくところ
シンデレラストーリーっぽくて良かったです。
頑張る女の子、いいですね!!!元気もらえます!

これ、もうすごい、これだから、見なければ分からない。
なんか、かなり前にいいという噂は聞いていたが、
見ないまま、至っていた。
どころが、只だからと、見たのですが、
あまりにも感動したのでこの映画を調べてみたら
日本アカデミー賞受賞していたのですね。
おお、やはりな、と納得。

❤ プリティ・ウーマン

1 2 3