1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

dodo2さん

MonaCoinの採掘

このページを御覧の皆様は「仮想通貨」はもちろん、「採掘」がどういうことなのか今更説明する必要もない人がほとんどでしょう。
ということで、これらの詳しいことは参考リンクをあたって下さい。
しかし、グラフィックボードの種類によって採掘ソフトが変わるという事実、日本語の解説サイトも少なく、意外と知らない方もおられるのではないでしょうか。
そこで今回は「MonaCoin」を「GeForce系グラボ」で「poolに参加」しながら採掘する方法を解説したいと思います。

本当に100%の力を引き出せている!?GeForce系グラボでの採掘

グラフィックボード(GPU)を使った採掘では、通常Radeon系のグラボが使われます。
というのも、採掘にはRadeon系の方が断然効率がいいから。
採掘ソフトウェアもRadeon系に最適化されており、GeForce系グラボにとっては「なんとか掘れている」状態・・・

ゲフォは糞 ゲフォはゴミ
ゲフォ厨は泣き寝入りするしかないのか・・・

いえ、大丈夫!GeForce系グラボでもなんとかなるんです!
そう、このcudaMinerならね!!

※2月9日のアップデートで高速化されたようです。
 Radeonとの速度差はあまりなくなってきていると言えるでしょう。

さあ採掘!

細かい情報は各々の興味に任せるとして、とにかく
GeForce系グラボで採掘したい人はcudaMinerを使えばいいんです!
下のインストラクションに従えばいいんです!
ということで

1.モナーコインクライアント(お財布)の導入

上のリンクから環境に合ったクライアントをダウンロードし、解凍しましょう。
解凍先はC:直下にフォルダを作ってあげるのがオススメです。

インストールできたら、早速monacoin-qt.exeを起動してみましょう。
起動すると同期が開始されます。
初回は少し時間がかかります。
Over Viewタブに表示される緑のバーが消えるまで気長に待ちましょう。

同期は終わりましたか?
Recieveタブをクリックすると以下の様なアドレスが出るはずです。

これがあなたのお財布番号。
取引にはこの番号を使います。
あとで使うので、とりあえずどこかにコピー・ペーストしておきましょう

※バックアップは別の媒体にこまめにとっておくべきです
 [File]→[Backup Wallet...]からバックアップをとることができます。
 ファイルのコピペではバックアップにならないので注意が必要です。
※ウォレットを更新する必要がある場合はこの.exeファイルを上書きするだけで大丈夫なようです。
 とはいえ、更新時にはやはりしっかりとバックアップをとっておきましょう。

ここまで順調?

2.プールサイトへの登録

採掘は通常プールサイトに登録して”みんなで”採掘します。
2chpoolに登録しましょう

みんなで採掘する理由とか、どうして2chpoolなのか等は上のリンクを参照してください。
とりあえず登録しましょう。
まずは上のリンクに飛んで、sighn upをクリック

ユーザー名、パスワード、メールアドレス、4桁の好きな番号を入力しましょう。
ここでのパスワードと番号は忘れないようにしましょう。

※ユーザー名とパスワードの使い回しによる乗っ取りが発生しています。
 他サイトのユーザー名・パスワードを絶対に使いまわさないで下さい。

成功しましたか?

ログインします
お財布情報を登録したいので、Edit Accountをクリック

Monacoin-WalletからコピーしたアドレスをPayment Addressに貼り付け
Automatic Payoutは自動振込の額です
後述するConfirmedと表記されているMonaCoinがこの額まで貯まると、自分のお財布に自動で払込が行われます。
あまりに小さい額だと手数料で目減りしてしまうので、1~5またはそれ以上を入力しましょう
最後に4桁のPIN番号を入力してUpdateをクリック
先ほどと同じように緑のチェックが表示されれば成功です。

できましたか?
次はワーカーの設定をしましょう。
My Workersをクリックし、適当なワーカー名とパスを入力
このワーカー名とパスは公開してもよいという前提なので、なんでもいいです。
第3者に知られてもMonaCoinが引き出される心配はありません。

1 2