1. まとめトップ

天才と呼ばれた女性シンガー「川本真琴」

1996年5月、1stシングル「愛の才能」でメジャーデビュー。その後、たて続けにヒット曲を連発。天才と称された曲作りと歌唱力、その美貌にも注目が集まりました。数年前からテレビなどにまったく出ないので干されたと言われていますが、果たして真相は?

更新日: 2017年12月27日

42 お気に入り 475371 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tainoyoさん

「ソニーミュージックSDオーディション」の出場がきっかけとなり、1996年にシングル「愛の才能」でメジャーデビュー。代表曲は「1/2」「DNA」「桜」など。

1997年にリリースした1stアルバム『川本真琴』は、100万枚を超えるセールスを叩き出し、第39回日本レコード大賞で「ベストアルバム賞」を受賞した。

干された?

求められるものと作りたい物がちがってきて作りかけの2ndアルバムを放り投げてからどんどんマイナー指向になった

やっぱ変にプロデュースされんのが嫌だったのかな
テレビでイメージ作られちゃった感じするもんね

多忙なスケジュールから体調を崩し帰郷し、音楽活動からのリタイアを検討する事なども要因の一つであった。

2002年、バーニング系の事務所「ビッグアップル」から独立して干されたとの噂。ソニーミュージックとの契約を解消後、現在はプライベートオフィスを設立しインディーズで活動中。

メジャー契約を解除した後「川本真琴」の名前を使うことができず、「タイガーフェイクファ」としてイベントなどに出演していた。

現在でも、インディーズシーンに身を置きながら自身の作品をリリースし、絵本の出版や楽曲提供を行うなど、幅広いジャンルで活動を続けている。

愛の才能

DNA

1/2

▼「懐かしの・・・」まとめ

1