1. まとめトップ

【デマ】立命館大学が朝鮮学校無償化の嘆願書を学生に書かせた?

著名サイトで、以下のようなデマが流されました。「立命館大学の講師が出席カードとともに朝鮮学校の無償化を求める嘆願書を学生に書かせている」というものです。

更新日: 2014年01月26日

9 お気に入り 58008 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yunishioさん

※ 著名サイトで、以下のようなデマが流されました。「立命館大学の講師が出席カードとともに朝鮮学校の無償化を求める嘆願書を学生に書かせている」というものです。

※ 現時点で、嘆願書を書かせた事実があるかどうかは分かりませんが、裏付けとなる情報がまったく出てないところからすると、きわめて疑わしいと思います。

※ [追記]おなじ授業に出ていたというひとの証言がえられました。嘆願書を配っていたのは教授ではなく、学生だったとのことです。[/追記]

※ デマの火元は、匿名のTwitterユーザーで、これがハムスター速報、ガジェット通信などの大手サイトに飛び火しています(ハムスター速報はすでにデマ記事を削除しました)。

※ [追記]ガジェット通信も記事を削除したようです。[/追記]

立命館大学・産業社会学部の金友子講師が生徒に「朝鮮学校の授業料無償化を求める文部科学大臣宛のメッセージ」を授業で出席カードと共に書かせる : ハムスター速報

※ 削除済み。

立命館大学の講師が出席カードを書かせると同時にある物を配布して書かせているとして話題になっている。そのあるものとは朝鮮学校無償化の嘆願書である。

既に朝鮮学校無償化嘆願書のフォーマットは出来ており、そこに日付、所属大学名、名前、そしてメッセージなどを記入するだけとなっている。書かれた嘆願書は朝鮮学校差別に反対する在日朝鮮人大学生連絡会に送られる。この嘆願書を配布した講師は金友子(キムウジャ)という人物で立命館大学コリア研究センターの研究員。

出席カードと嘆願書は別の紙になっているようで、嘆願書に記載するかどうかは任意なようだが、書くか書かないかで講師が学生の立ち位置や意志を探ることが出来るのは事実である。

今回のことが公になれば立命館だけでなく世間でも問題になりそうである。立命館大学側はこの件を把握しているのだろうか。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

※ デマです。

※ [追記]13時前までに削除されたようです。[/追記]

■「デマ」という言葉について

「朝鮮人が井戸に毒を入れた」という風説は、たとい井戸に毒が入れられていないことが証明されてなくても、「デマ」ですよ。

■ 匿名ユーザーがデマを流す

※ 最初のツイートが2013年12月26日。全ツイート回数は、一連のデマツイートを含めて29回です。アカウント開設から21回のツイートをしたあと、問題のデマツイートを開始します。

「東アジアと朝鮮半島」という授業にて出席カードとともにこんなカードを書かせるから立命は糞 pic.twitter.com/OWe1llXOfZ

※ 上記ツイートが3000回以上、RTされました。ほとんどフォロワーのないアカウントなので、普通に考えて、わずかな期間でこれだけのRT回数があるのはちょっと不思議です。著名ユーザーのサブアカウントであるという可能性も考えられます。

教授曰く「テスト内容についてはネットを参考にしないように、右翼が書いてるので」だってさ

■ 大手サイトに飛び火

※ ハムスター速報、ガジェット通信、その他の2ちゃんねる系まとめサイトなどがデマを拡散します。

■ おなじ授業に出ていたひとの証言

※ このブロックだけ時系列が前倒しになっています。嘆願書を配っていたのは教授ではなく、学生だったとのこと。また、このかた以外からも同様の証言がありました。

@Mihoko_Nojiri この授業でてましたが、書かせたってのは嘘ですね。 これは大学や先生ではなくて、朝鮮系の文化研究会の学生がよかったら書いて下さいって言ってただけです。

■ メッセージカードの出所

※ このブロックは16時ごろに追加しました。

例の立命館大の件 matome.naver.jp/odai/213896363… … あのハガキは朝鮮学校差別に反対する在日朝鮮人大学生連絡会・全国協議会が行っているキャンペーンの一環で、学生が主体の取り組み。調べりゃ一発でわかるのにね。blog.goo.ne.jp/ndcs_renrakuka…

※ 以下の一連のツイートは、15日の17時ごろに追加しました。

事実関係はこうだ。該当の授業は「東アジアと朝鮮半島」、理工学部責任開講の教養科目で受講生は372人(理工学部・薬学部・生命科学部)。 オンラインシラバスを確認したが、この科目名にふさわしい授業内容だ。

教員は金友子さんという在日コリアンの非常勤講師。ぼくも学会で会うことがあるが、関連分野の業績のしっかりしている若手だ。

「日本と朝鮮民主主義人民共和国の間には、なぜまだ国交がないのか。韓国や中国は、なぜことあるごとに日本の歴史認識を問うのか。東アジアの地域協力や地域統合はなぜすすまないのか。東アジア世界をとりまくこうした問題群は、単にこの地域の“現在”についての平面的な解説ではすまされない(続)」

シラバスから授業概要を引用しようか。 「現在、さまざまな分野で「東アジア」の協力が叫ばれている。しかしこの地域には、未だ冷戦的な思考様式や政策が息づいている。朝鮮半島には、なぜ大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国という二つの国家が存在するのか。(続)」

1 2 3