1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

鳥取についにスターバックスコーヒーが進出!全国出店するスタバの歴史を振り返る

スターバックスコーヒーがついに鳥取県にやってくる!スターバックスコーヒーは全国46都道府県1000店舗以上で鳥取県に進出すれば日本全国出店となります。そのスターバックスコーヒーの歴史を紹介していきます。

更新日: 2015年10月09日

hhxmpro2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
196 お気に入り 314728 view
お気に入り追加

2013年までは・・・

全国47都道府県のうち唯一の「スタバ空白地帯」

スターバックスコーヒーの店舗が県内に1店舗もない。これは「月曜から夜ふかし」でも取り上げられている。
今後、この話題が「月曜から夜ふかし」で再度取り上げられるかも?

「鳥取県にはスタバはなくても、スナバ(砂場)はある」――

平井伸治知事が自らそうアピールした鳥取県。

鳥取砂丘は、鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる広大な砂礫地で、代表的な海岸砂丘。日本三大砂丘の1つ。

2014年ついに日本で唯一スターバックスコーヒーがない県に進出!

鳥取県は中国地方の日本海側、山陰地方の東側を占め、東は兵庫県、西は島根県、南は中国山地を挟んで岡山県・広島県に隣接。西日本有数の豪雪地帯でもある。全国47都道府県中、面積は41番目で、人口は最も少ない。県庁所在地は県東部の鳥取市。

都道府県の中で唯一店舗のない鳥取県に14年度中にも進出する方向で検討に入った。

決定ではないが進出する方向で検討しているとのこと

東京・銀座に1号店を出した1996年から約18年を経て空白地を埋め、全国出店を達成することになる。

オープンすればアメリカ1号店オープンから約43年で出店することになる

進出の理由は?

どこにできるの?

大山に近く皆生温泉がある米子市、その隣の境港市、砂丘を擁する鳥取市が検討対象となる見込み。

効率的な店舗運営が見込める米子市、境港市が有力視されている模様

皆生温泉(かいけおんせん)は、鳥取県米子市にある温泉。弓ヶ浜の皆生海岸に面する東西1000m、南北400mの狭い範囲に大型ホテルを含む宿泊施設が集積する。

____________________________________________

ここからはスターバックスの歴史を紹介していきます。

スターバックスコーヒーの歴史

出典ameblo.jp

1971年・4月

「スターバックス・コーヒー・ティー・アンド・スパイス」創業。
ジェリー・ボールドウィン、ゴードン・バウカー、ゼブ・シーゲルの3人で。シアトルのパイク・プレイス・マーケットに1号店開店。

1982年

ハワード・シュルツ(現:CEO)が、小売・マーケティング部門の役員としてスターバックス コーヒーに入社。スターバックス コーヒー社はこの年より、シアトルで名のあるレストランやエスプレッソバーに、コーヒーの提供を始める。

1995年・10月

スターバックス コーヒー インターナショナル社と日本の小売・飲食店業 株式会社サザビーが、日本における店舗展開を目的とする合弁事業で提携を結び、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社を設立。

1996年・8月

東京・銀座に第1号店「銀座松屋通り店」をオープンする。スターバックス コーヒーの店舗としては、北米以外の新市場における初の店舗となる。さらに1年半以内に首都圏に10~12店舗オープンする計画を発表。
日本における店舗数(1996年度末):5

1998年・11月

大阪府に関西地区における第1号店「梅田HEP FIVE店」をオープン。
日本における店舗数(1998年度末):52

1999年・11月

キャラメルソースの風味が特徴的なスタバの大人気定番メニューのキャラメルマキアートが販売開始。
日本における店舗数(1999年度末):117

2002年・3月

上質な抹茶を贅沢に使った「抹茶 クリーム フラペチーノ®」を販売開始。

世界での店舗数が5,000店を超える。(2002年)
日本における店舗数(2002年度末):453

2003年・4月

国内初のドライブスルー型店舗「西友楽市守谷店」(茨城県守谷市)をオープン。
本に囲まれた空間を楽しむ「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 店」他2店舗を六本木ヒルズ(東京都港区)にオープン。

6月:長野県第1号店にて初日売上の世界記録を更新。

日本における店舗数(2003年度末):514

2005年・9月

世界初のスターバックス ブランド チルドカップコーヒー「スターバックス ディスカバリーズ®」を1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)のコンビニエンスストアで販売開始。

日本における店舗数(2005年度末):602

2006年・8月

日本での1号店「銀座松屋通り店」がオープン10周年を迎える。

10月:高速道路のサービスエリアでは初の店舗となる「足柄サービスエリア(上り線)店」(静岡県御殿場市)、「蓮田サービスエリア(上り線)店」(埼玉県蓮田市)を同日オープン。

日本における店舗数(2006年度末):686

2008年:4月

コーヒージェリーにこだわった日本オリジナルのフラペチーノ®「コーヒー ジェリー フラペチーノ®」を新発売。

缶入りプレミアムエスプレッソ飲料「スターバックス ダブルショット® エスプレッソ コンパーナ」「同 エスプレッソ ドッピオ」の2アイテムを1都10県のコンビニエンスストアで販売開始。

日本における店舗数(2008年度末):854

2012年・3月

浅めの焙煎で、高品質かつ上質な味わいの、新しい焙煎カテゴリー「スターバックス® ブロンド ロースト」 を導入。


4月:日本独自開発による"プディング入り" フラペチーノ® 「チョコレート クッキー クランブル フラペチーノ® with ホワイト チョコレート プディング」を発売。

日本における店舗数(2012年度末現在):985

2013年9月17日

「名古屋自由ヶ丘店」と「田園調布 東急スクエアガーデンサイト店」の2店舗を同時にオープンした。両店舗は同社にとって999号店と1000店になるが、どちらが1000店舗目になるかは決まっていない。

1 2





hhxmpro2さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう