1. まとめトップ
  2. ガールズ

女性ホルモン減少にストップ!見直すべき5つの悪習慣

女性らしさを維持する上で欠かせない女性ホルモン。美容や健康、その他にもシミやシワなど女性にとってはとても重要な要素と深い関わりがあります。日頃の習慣を見直して、女性ホルモンの分泌を促しましょう!

更新日: 2016年12月29日

1167 お気に入り 674263 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

・女性に欠かせない「女性ホルモン」

女性ホルモンは女性らしい容姿にしたり、妊娠や出産など、女性としての機能を充実させたりする作用をメインに行っています

女性らしい体つきをつくる、その役割を担っているのが、まさに女性ホルモンなのです。

肌や髪の毛、爪などのハリや潤いを保つのも、女性ホルモンの働き

女性ホルモンにはコラーゲンを生成する作用があります。

加齢とともにシワが増え、シミが目立つようになるのも、肌が乾燥したり化粧ノリが悪い日が増えるのも女性ホルモンが減少するから

女性のカラダとココロに大きな影響をあたえるのが女性ホルモンです

・実はとっても不安定

とてもデリケートな成分なので、ほんのちょっとのストレスや睡眠不足などの負担によって分泌量に大きな影響が出てしまう

女性として生まれた以上、その一生、毎日の生活は女性ホルモンに影響を受けます

・女性ホルモンが減少すると

女性ホルモンの分泌は、8歳から10歳頃に少しずつ始まって、30歳頃に分泌量はピークとなり、それ以降は徐々に低下し、40代後半から50代になると急激に減少してしまう

皮膚の角質層の水分量が低下し、真皮層にあるコラーゲンの分泌量の低下や血行不良・新陳代謝の低下を招き、皮膚の老化を進ませる原因となる

・女性ホルモンの分泌を阻害する5つの悪習慣

(1)偏った食生活

過度なダイエットや偏った食事に気を付けましょう。ダイエットに良いからと野菜ばかり食べるのは良くありません

タンパク質が足りないとバランスを崩しやすいので肉や魚も食べるようにしましょう。

女性ホルモンの働きを助ける大豆のイソフラボンやビタミンE、抗ストレス作用のあるビタミンCなどを食事にとり入れ、しっかりとるようにするとよいでしょう

他にザクロ・アーモンド・うなぎも女性ホルモンを作る材料になります。それらが含まれるアーモンドやうなぎなども良いでしょう。

炭水化物・たんぱく質・ビタミン・鉄分・カルシウム…など様々な食品をバランスよく食べるのが理想です

(2)夜更かし

睡眠不足などで脳の機能が低下していると、ホルモンの分泌が乱れ、さらにホルモンの分泌が乱れることで脳や体の機能も低下する

毎晩夜更かしで、寝る時間が一定しなければ、ホルモン分泌の状態は悪くなるばかりです

適度な運動やストレッチ、寝室の環境などにも配慮して、質のいい睡眠を取れるようにしましょう

なかなか眠れなかったり、何度も目が覚めたりするのは女性ホルモンが低下しているサインです

1 2