1. まとめトップ

助成金って?返済不要でお得な助成金活用法!【助成金、助成金申請の流れ、助成金活用法】

厚生労働省で取扱っている支援金は条件さえ満たせばどんな会社でも貰うことができ、返済する必要はありません。そんな助成金についてまとめます。助成金を活用したい経営者や担当者は必見です。《助成金、補助金、助成金申請の流れ、助成金活用法、助成金リンク集》

更新日: 2014年02月05日

12 お気に入り 4211 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

odoroforさん

○助成金のお役立ちポータルサイト

①助成金獲得ネット

国や地方公共団体などが給付してくれる助成金。そんな助成金の獲得をお手伝いします。

②助成金ねっと

3,000種類の公募型助成金の中から、あなたの会社やNPO法人に合った助成金をチョイスします。

③助成金申請支援サイト

各助成金の説明はもちろん、 助成金の簡単診断を行っております。今現在では助成金の受給が難しくても 「こうすればもらえる」など、助成金の受給のためのアドバイスも行っております。 お気軽にご相談ください。

○助成金とはどういうもの?

助成金とは、一般的に厚生労働省所管で取扱っている支援金のことを助成金と呼んでいます。厚生労働省で取扱っている支援金は条件さえ満たせばどんな会社でも貰うことができ、返済する必要はありません。

国から支援を受けられるものには、助成金の他に、補助金や公的融資と呼ばれるものがあります。補助金は主に経済産業省が所管しており、研究開発やIT企業など特殊で専門的な分野を対象としとしています。補助金は公募制が多く審査が行われますので、条件を満たせば誰でも貰えるものではありません。審査を通過すると返済不要で国から支給されます。公的融資は国民生活金融公庫など返済が必要な支援金になります。その他、民間団体が運営している支援金や地方公共団体が運営している支援金もあります。

○助成金の活用方法と種類

助成金は主に雇用(ヒト)に関係するときに活用できます。具体的には、労働者を雇入れる時、労働者に教育訓練を行う時、福利厚生を充実させる時などに助成金を活用します。

雇用に関係することは会社経営を行っていく上で様々な場面で登場してくる為、助成金の種類も必然的に多く、雇入れ、創業、教育訓練、福利厚生など、その数はなんと50種類以上にものぼります。

助成金をうまく活用すれば、経営環境を大きく改善することにつながります。助成金を大きく分類すると、雇用関係 (主に厚生労働省)と、研究開発 (主に経済産業省)の2つに分かれます。

○助成金のメリット・デメリット

助成金のメリット

①返済不要である

融資とは異なり返済不要なお金です。なぜなら企業が納めている雇用保険料を財源としているからです。労働者の失業予防や、福利厚生の充実等の労働者にとって働きやすい環境を整えた企業に対して、支給されます。国としては、保険料を支払い、労働環境等を整備した企業に対しては、ご褒美として支給しているわけです。企業からすると保険料を納めて労働環境を整えたのだから、要件を満たしたのであれば受け取る権利があります。義務を果たしたのだから、権利を主張すべきです。

②売上でなく雑収入となる

受け取った助成金は雑収入となります。つまり助成金金額÷経常利益率=売上高ということになります。例えば 助成金金額40万円、経常利益率10%とすると、40万円÷10%=400万円となります。400万円の売上があったのと同じ効果となります。また、受け取った助成金をどのように使うかも、企業の自由です。

③労務環境が整備される

必要条件の項目にあるように、労務環境整備が必要となります。労務管理体制が疎かになっていると、後々の労使トラブルの原因となります。助成金をもらうために労務環境を整えるというよりは、企業存続のため(トラブル防止・法令順守)という観点から必要不可欠です。そのためには、法令順守のための規定の整備(就業規則)、労働時間管理等を行うことになります。

④企業の信頼度が増し、公的融資が受けやすくなる

助成金が受給できるということは、国に労務環境が整備されていると、認められていることになります。そのため、公的融資が受けやすくなります。

助成金のデメリット

①新たな制度を導入した場合、簡単に廃止することはできません

助成金の種類によっては、新しい制度を導入した場合に支給されるものもあります。一度制度として導入すると、廃止したくても簡単にはできません。助成金の支給対象となる制度は、労働者にとってよりよい内容となります。その制度を廃止するということは、労働者にとって不利益変更となり、内容の周知や不利益の程度、変更内容の相当性等を総合的に判断し、妥当でないと認められません。

②要件が厳しくなっており、受給まで時間がかかる助成金もある

不正受給を防止するため、受給要件が厳しくなってきております。 
つまり、受給するための専門知識が必要となります。 
また、申請から受給まで時間がかかる助成金もあります。

③期限は厳守しないと受給できない

申請期限が決まっており、一日でも遅れると受給できなくなります。申請期限までに、必要な書類を不備の無い状態で提出する必要があります。

④コストがかかる場合がある

助成金によっては、就業規則や労使協定を提出する必要があります。メリットにて労働環境が整備されると申しましたが、その反面で整備するためにコストがかかる場合があります(就業規則等を作成・改定するため)。

1 2 3