多重債務を苦に自殺

B雄さんのお父さんは多重債務を苦に自殺したそうです。財産の方は、車や仕事道具などを処分しても大した額にはならないため、借金の額によっては財産放棄をするつもりでいたところ、金融機関の担当者から、団信という生命保険の契約をしているので、保険で精算されるので遺族には迷惑は掛けませんとの事だったそうです。その話を鵜呑みにして財産放棄の手続をせずに3ヶ月が過ぎた頃、一部の金融機関から、「うちは契約後1年未満の自殺だったので保険は出ないようです。相続人の方にお支払い頂くことになります。」との連絡があったそうです。

この情報が含まれているまとめはこちら

【怖い話】相続・遺言にまつわるトラブル【相続登記・相続税・遺産相続】

「骨肉の争い」「お家騒動」……遺産相続を巡る親族の確執は、血縁関係があるからこそモメにモメるのかもしれない。「兄弟が末永く仲良くしてほしい」と、故人がよかれと思ってしたためていた遺言書が意外なトラブルを生むことは、決してまれではない。

このまとめを見る