相続とは

出典相続とは、法定相続、遺言相続 :よくわかる相続の基礎知識

相続というのは、人が亡くなったときに、その人 (被相続人いいます)の財産的な地位を、その人 の子や妻など一定の身分関係にある人(相続人 といいます)が受け継ぐということです

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【怖い話】相続・遺言にまつわるトラブル【相続登記・相続税・遺産相続】

「骨肉の争い」「お家騒動」……遺産相続を巡る親族の確執は、血縁関係があるからこそモメにモメるのかもしれない。「兄弟が末永く仲良くしてほしい」と、故人がよかれと思ってしたためていた遺言書が意外なトラブルを生むことは、決してまれではない。

このまとめを見る