1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

真面目イケメン【浅尾拓也】不調で再び2軍調整へ…

中日・浅尾拓也投手が完全復活を期す今季について「壊れてもいいと思っている」と話していることに周囲が気をもんでいる。3月に入り、右肘の張りで出遅れていたが、開幕1軍が絶望的になった。

更新日: 2014年08月05日

4 お気に入り 37686 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

syatohanさん

中日ドラゴンズの中継ぎのエースとしてチームを牽引。プロ野球界きってのイケメン投手。

◎浅尾拓也、鹿児島市内で自主トレを公開

鹿児島は生まれて初めて訪れた場所。整った施設などを評価する勝崎コンディショニングコーチの勧めだった。

◎山内、岩田、武藤の3投手とともにハードメニューこなす

30分間、しっかり汗を流すとグラウンドへ移動。その後は中距離、短距離のダッシュ。キャッチボールやノックを挟んでシャトルランもこなした。メニューの最後にプールトレーニングも採り入れた。

◎山内「浅尾さんのメニューがキツイ」

「浅尾さんのメニューがキツイ。昨日も朝10時から夜6時までですよ。もう足がパンパンで。『浅尾さん暴走』と書いておいて下さい」(笑い)。

◎「開幕からずっと1軍にいたい」

「毎年危機感を持ってやっています。ケガをしないように、今年は開幕からずっと1軍にいたい」。故障などで完全燃焼できなかった2年間の悔しさをぶつける。

◎年俸25%ダウンの1億6500万円

右肩の故障で、前半戦をほとんど棒に振り、34試合の登板にとどまった中継ぎエースの浅尾拓也投手(29)は2億2000万円から、25%ダウンの1億6500万円となった。

◎年俸ダウンでも爽やか!!

「もちろん下げられました。最大の40%は覚悟してきたので、思ったよりも(下がらなかった)、 とは感じました。でも必要な選手と言ってもらったり、うれしい言葉もたくさんいただいたので、 来年頑張ろうという気持ちになりました」と清々しく話した。

◎完全復活へ向け、グアムで自主トレ開始

◎浅尾「壊れてもいいと思っている」発言に周囲がヤキモキ…

現在は毎年恒例のグアムで自主トレを行っているが、完全復活を期す今季について「壊れてもいいと思っている」と話していることに気をもんでいるのだ。

浅尾の完全復活がなければ中日が常勝軍団に戻ることも難しい。それだけに周囲は発言の微妙なニュアンスにも神経質となっているようだ。

◎浅尾「常時150キロ台が出るようにしたい」

12、13年と右肩痛を発症。いずれも終盤に復帰したが、ストレートは140キロ台とスピードが落ちた。それを元に戻したい考えで、今オフには山本昌らが長年通う鳥取のスポーツ施設「ワールドウィング」に“初入門”するなど150キロ復活に躍起となっている

もし150キロが出なかったらどうなるのか。頑張った分だけ落胆が大きくなってしまうんじゃないか。真面目で気に病む性格だからダメだった時の反動の方が心配だ

真っすぐの球速にこだわれば、どうしてもブルペンなどで力が入ってしまうだろう。特にボールに納得がいかないと余計に力が入る。故障が再発しかねない。そしたら元も子もなくなってしまう

◎真面目すぎる浅尾拓也

1 2