12、13年と右肩痛を発症。いずれも終盤に復帰したが、ストレートは140キロ台とスピードが落ちた。それを元に戻したい考えで、今オフには山本昌らが長年通う鳥取のスポーツ施設「ワールドウィング」に“初入門”するなど150キロ復活に躍起となっている

出典ドラゴンズ道 浅尾

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

真面目イケメン【浅尾拓也】不調で再び2軍調整へ…

中日・浅尾拓也投手が完全復活を期す今季について「壊れてもいいと思っている」と話していることに周囲が気をもんでいる。3月に入り、右肘の張りで出遅れていたが、開幕1軍が絶望的になった。

このまとめを見る