1. まとめトップ
  2. おもしろ

この記事は私がまとめました

▼遺産相続プロナビ

―『遺産相続プロナビ』について

『遺産相続プロナビ』は、遺産相続の悩みをお持ちのあなたにピッタリなサイトです。

遺産相続に関する基礎知識、弁護士や税理士をはじめとする専門家による悩み相談、そしてお住まいの地域で遺産相続問題を相談できる専門家を見つける事のできる検索機能など、様々なコンテンツをご用意しております。

▼16相続ナビ

―『16相続ナビ』について

年間5,000件以上の相続をお手伝い、実績のある安心安全の"ワンストップサービスの16(いちろく)無料相続相談

不動産・預貯金・株式の相続手続、遺言書作成や、名義変更手続、相続税申告などの無料相続相談を承ります。

▼遺産相続手続き・遺産分割協議書

―『遺産相続手続き・遺産分割協議書』について

一般的な家庭で発生するであろう相続問題に関する法律解説を極力簡易な言葉で作成しています。

サイトコンテンツをご覧頂き、疑問点が出てきたり、「自分の場合は結局どうすればいいだろうか?」といった大まかな方針に関するお悩みが解消されない場合には当サイトが実施する無料相談をご利用下さい。

▼相続・遺言 相談ねっと

―『相続・遺言 相談ねっと』について

相続に関わる問題は、事前に備えておくのが一番でしょう。

各分野のプロフェッショナル達と最強タッグを組んで、問題解決にあたります!

▼遺産相続に関する雑学!

もし被相続人に愛人(婚姻届を出していない異性)がいて、隠し子(非摘出子)がいたらどうなるか‥‥?

当然、愛人は相続人にはなれませんが、
隠し子は被相続人の直系卑属になるので、相続できます。

その場合、相続できるのは正式な妻との子(摘出子)の1/2です。

上の図の例でいうと
6000万円の遺産があった場合、妻が3000万円、
残りの3000万円を分けて、
長男と長女が1200万円ずつ、
隠し子がその半分の600万円を相続することになります。



仮に、被相続人(亡くなった人)と、その妻との間に子供が1人もいなくて、
愛人との間にだけ子供(隠し子)がいたとしたら、
その隠し子は3000万円を相続することになり、妻としては心中穏やかではいられないでしょう。

1