1. まとめトップ

会社設立のノウハウ。会社を作る?やめとく?【会社設立費用】

会社の設立を検討する場合、様々な会社形態のなかのどの形態で設立するのか迷う場合も多いことと思います。

更新日: 2014年01月21日

じーみーさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 1974 view
お気に入り追加

法人か、個人事業か・・・

起業を決意して事業プランを完成させると、ふと考えることがあります。それは…

「事業をどのような形態で行うのか?」すなわち「個人事業としてやるべきか、法人を設立して行うべきか?」「法人ならどんな会社でいくのか?」ということです。

事業形態をどうするか、選択肢は、大きく分けて次の2つがあります。

誰もが悩む問題です。多くの起業家が、特に法人を作らずに始めています。業種に寄りますが、一人ではじめるようなビジネスなら、最初は無理に法人を作らなくても十分でしょう。

法人を作らない起業家が作らない理由は、次のようなものです。

法人を作らないで事業をすることを個人事業といいます。個人事業でも従業員を雇うことができますし、屋号をつけることもできます。(ただしこの屋号は登記をしていないため法律で守られません。また屋号の中に会社などの文字を入れることはできません)

【法人の種類と特徴 】

株式会社

出資者は1名以上
出資者は全員、会社の債務に対して、出資金額の範囲内で責任を負う
原則として出資者と経営者は分離している
圧倒的な知名度がある
合同会社に比べると設立費用はやや高いことがデメリット。知名度、信用度が格段に高いことが大きなメリットです。

合同会社

2006(平成18)年の会社法改正で新設された会社形態。別名LLC(Limited Liability Company)とも呼ばれます。出資者全員が有限責任で、かつ意思決定や利益分配方法を自由に決められる唯一の会社です。合同会社を設立する最大のメリットとは、出資率=分配比率でなくても良い点にあります。

合名会社

2006年の新会社法施行で株式会社の資本金要件が緩和されたことにより、資本金が少なくても設立できるという合名会社設立のメリットが薄れため、現在ほとんど設立されることはありませんが、設立することは可能です。

合資会社

合資会社についても合名会社と同様、2006年の新会社法施行で株式会社の資本金要件が緩和されたことにより、資本金が少なくても設立できるという合資会社設立のメリットが薄れたため、現在ほとんど設立されることはありません。

有限会社

2006年の新会社法施行により、現在は法律上、有限会社を新規に設立することはできません。

会社を立ち上げる時に、一度は目を通しておきたいリンク

[会社法]発起人の権限の範囲:設立中の会社は、会社として一定の事業活動を行い得る実体を形成することを本来的な目的としているから、発起人の権限は開業準備行為まで及ぶ。もっとも、会社の財産基盤の損失防止のために財産引受等については変態設立事項として制限している(28条)。

個人事業は税務署に開業届けを出すだけで直ぐに開業OK! 会社設立の場合、資本金は1円でもOKでも、設立手続きに費用がかかります。

多くの企業は成功すると事業の多角化を始め、会社としての焦点がぼやけて、"魂"を失ってしまう。ただ四半期ごとの決算の黒字化や、その帳尻あわせのための企業買収や事業の拡大など、設立当初の理想からどんどん離れて本質を失っていく。(スティブ・ジョブズ)

【商法】設立時株主となる権利を譲渡することは可能。ただ会社に対抗できないだけ(会社法63条2項)Σ(゚◇゚;)マジデッ!?

(´,,•ω•,,`)わわっ会社設立したんですか! (´,,•ω•,,`)凄いですね! (๑´╹‸╹`๑)あ… (๑´╹‸╹`๑)自宅警備会社ですか… ヾ(๑╹◡╹)ノまぁでも気を落とさないでくださいっ。

ナイキは創設者が大学で陸上部のコ-チをしていた時、中距離ランナーと共同で設立された会社です

会社を設立しなくても、人を雇わなくても、インターネットを使ったりすることで、大きな資本やリスクを心配する必要がなくなった。

1





じーみーさん