1. まとめトップ

絶対に復縁したいと思ったら!復縁する為に必要なメールテクニックまとめ

復縁をしたい!と思っていても、何から始めたらいいのかわからない時ってありますよね。そんな時には、メールでだんだん距離を近づけていくというのが効果的。逆に復縁をする為にやってはいけないメールの送り方等もまとめてみました。参考になれれば嬉しいです。

更新日: 2014年01月29日

183 お気に入り 522800 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rennai666さん

これは逆効果!やっていたら今すぐSTOP!

復縁メールでやってはいけない事は、何回もこちらから連絡をする、相手に好意をぶつける、返信を催促するようなメールをする事は絶対にタブーです。

×悪い例×
「おはよう^^今日は天気が良いよね?仕事はお休み?何する予定なの?」
この様に疑問文を沢山入れてしまうと、
相手にはしつこいと思われ答えづらくもなってしまう

「なんでメールくれないの?寂しいし会いたい。」
「嫌いにならないで、何でも言う通りにするからお願い。」
こういったメールは、元彼が自分を振った原因を根本から理解していないことが伝わり、元彼に不快感を持たせます。

返事をもらおうと連絡を続ける事は
別れたのに、なんで?
という気持ちが相手の中である以上
「迷惑だ」と思われてしまう可能性も高くなるという事です。

先ずは「謝罪と感謝」のメールから

「今まで自分本位であなたを苦しめるような行動ばかり取っていました、本当にごめんなさい。
別れの理由を知らされるまで気がつかなかった私は、あなたのことを理解出来ていなかったし、あなたを孤独にさせていました。
あなたとの思い出は辛いことも含めて楽しいことも一杯で、私の全てでした。
私の支えとなってくれて、いつでも励ましてくれたあなたを失うのは悲しいけれど、今は一人で頑張る時なのかもしれません。
今までありがとう、あなたの幸せを遠くから祈っています。
さようなら。」

「さようなら」と言うのには少し勇気がいりますよね・・・しかし復縁活動をスタートさせる為にはとても効果的な言葉のようです。

最後の「さようなら」の一文が決めてとなっています。
ここできっぱり割り切っているからこそ、相手も警戒することなくこのメールを素直に受け止めてくれるはずです。そこから冷却期間を経て、ステップアップ

相手に「もう吹っ切れたんだ」「自分に未練はないんだ」と思わせると、復縁活動も順調に進みます。

好きなのに「未練はないんだ」と思わせるのは辛いと思いますが、目標は復縁する事。頑張って演じ切りましょう!

復縁メールパターン①「お誕生日メール」

誕生日メールは、相手に未練を強く感じさせていない場合は有効な手段となります。

誕生日おめでとうメールを送るコツは、相手の誕生日の日から1日わざと遅らさせてメールする事です。1日遅れて誕生日おめでとうメールが来る事で、「あれ?」と相手から気になる存在になる事ができます

誰しも送るものですから、相手も抵抗なく読んでくれます。

出典略奪愛、秘密の恋

復縁メールパターン②「共通の知り合いの質問メール」

復縁したい相手と共通の知り合いがいる場合は、その共通の知り合いの事に対しての質問メールは復縁のきっかけになります。

例えば、共通の知り合いの連絡先がわかならくなってしまったから教えてほしいと連絡をすれば、未練を感じさせる事も少ないですし、例え知らなかったとしても返事をもらえる可能性は大いにあります。

「元気かな。
ちょっと聞きたいことがあるんだけど、先生の携帯番号が変わったみたいで知っていたら教えてくれないかな。忙しいところごめんね。」
このようなさらりと返信を求める内容のものであれば警戒心を与えません。
共通の知人を引き合いに出すのも一つの方法です。

復縁メールパターン③「忘れ物メール」

復縁したい相手との間に貸し借りしてるものがある場合は是非、参考にしてほしいのが忘れ物メールです

例えば、相手のCDをまだ借りたままの場合は、そのCDをどうするかメールをする事で返事が返ってくるでしょう。

別れの状況などによっても変わりますが、相手が郵送で送ってほしいと言ってきた場合は、その気持ちを受け入れます

「どうせ戻りたいからメールしてきたんだ…」と思う相手に対して素直に郵送で送るという事で「あれ?」と未練を今後感じさせ難い状況を作る事ができます。

メールが返ってきたら

その日のうちに、返信しないことです。

直ぐに返信してしまうと、関心がある事がバレやすい!!?

1 2