1. まとめトップ

【富山県民が教える】ます寿司購入ガイド・私見ランキング 【初心者でも外さない】

地元民だけが知っている人気の老舗、知られざるますのすしをでご紹介します。富山に生まれ住んで20数年、30種類を越えるます寿しを食べ比べてきた上でのランキングも発表!

更新日: 2015年03月16日

30 お気に入り 318468 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Cefiroさん

駅弁として発売されて以来、富山の駅弁・お土産で一番の人気となった「ますの寿司」。

観光や仕事で富山に来られる方は駅や空港で買えるものしかご存知ないかもしれませんが、
ひとくちに「ますのすし」といっても、たくさんの知られざる老舗が有り、おいしいますの寿司はたくさんあります。

そこで、富山駅からアクセスしやすい13軒のます寿し店(富山ます寿し協同組合加盟店)を厳選!

また、県内のます寿司をわかりやすく「バランス系」「うま味系」「生系」「酸味系」に分類し、それぞれのランキングをつけ、地元民の知る人ぞ知るます寿司をご紹介したいとおもいます。


※ここに載せているます寿司は午後になるとほとんど売り切れてしまうので午前の早い時間に行かれるか、予約をいれておく事をお勧め至します。

<目次>

『古からの伝統を受け継ぐ13軒の厳選ます寿し店』

『タイプによる私見ランキング』

『食べログ リンク』

『富山駅で買えるます寿司まとめ』

『関連リンク』
・ます寿し共同組合 公式サイト
・ます寿司食べ歩きマップ
・マリエ富山 鱒寿し【お持ち帰り寿司】コーナー詳細
・東京で買える富山のます寿司販売店
・全国で買える富山のます寿司販売店

古からの伝統を受け継ぐ13軒の厳選ます寿し店

富山ます寿し協同組合に加盟するお店は、現在、富山市内に13軒あります。
同組合は、別名「富山ます寿しのれん会」とも呼ばれ、各店ならではの製法と特徴ある味を守る老舗の集まりです。いずれも、祖父や父の代から店を受け継いだお店がほとんどで、明治時代から続くお店もあるとか。各店独自でます寿しを製造し、自店で店頭販売をする家族経営が主体となっています。また、基本的にはその日に売り切る分だけを作る受注販売がほとんどだそうです。

鱒の寿し 高芳のこだわり

富山伝統の食である「鱒の寿し」
ここに来てその形態も様々なニーズに合わせて変わろうとしております。
当店では昔ながらの鱒の寿しの製法を変えることなく
お客様の期待を裏切らない鱒の寿しを作り続けていくことがこの伝統を守ることであると日々感じております。

米へのこだわり
富山県産のコシヒカリを使用しておりますが、その産地、作り手にもこだわりをもっております。
富山県東部の入善町、その中でも山あいの船見地区で独自の特別栽培農法の米作りをされている南保順孝さんと契約しすし米として使用しております。
船見地区は立山連峰からの雪解け水が豊富であり、ミネラルたっぷりの水で育った米は格別の味わいです。

魚へのこだわり

鱒の寿しへのこだわり、それは手作りであることです。
当たり前の事の様ですが、サクラマスを切り分ける工程一つをとっても「美味さ」に影響を与えるものなのです。
鱒の厚み、筋繊維の断ち方、全てにおいて当店の伝統の手法の下に行われております。

鱒の寿しの本来の姿である「保存食」
保存料は一切使用せず、自然の素材のみでの保存を目的としたものでありますが
当店の鱒の寿しは酸味を強く感じることはありません。
2日目であっても変わらぬ風味をお楽しみいただけます。
サクラマスとコシヒカリの素材の味をしっかり際立たせながら鱒の寿しとしての凝縮された旨味をご提供いたします。
さっぱりとした後味の中に上品な風味を感じさせる飽きのこない鱒の寿しを是非ご賞味ください。

鱒の寿しは鱒と米のバランスが重要になってきます。
厚く切った鱒から染み出る旨味
魚の強い旨味をしっかり受け止め、
「鱒の寿し」の風味を醸し出すためには
寿司飯の仕上がりが重要と考えております。

米というものはとてもデリケートな食材です。
水加減、湿度、気温、様々な条件によって炊き上がりは全く変わってくるものです。
鱒の寿しであるがための米の炊き方は永きにわたる伝統の技の一つと考えております。
ふんわりとした歯ざわり、もっちりとした食感、甘味を最大限に引き出してこそ
鱒の旨味を生かすことが出来るのです。

鱒の状態、米の仕上がり、その日の様々な条件と向き合いながら
一つ一つ手作りでお客様に喜んでいただけるよう日々精進いたしております。

●高田屋の歴史

明治5年創業、130年余の歴史をもつ鱒寿しの老舗のひとつ
鱒の風味を最大限に生かし、甘味のある米でふっくらとした食感が特徴の鱒の寿しで皆様にご好評頂いております。

●高田屋の鱒の寿し

鱒の風味、旨味の主張が強く感じられますが、米の甘味とあいまって全体的な印象としては
まろやか、あっさりといった感じです。
ジューシーさを感じる鱒、ふんわりもちもちとした米の旨味が特徴です。
酸味はあまり強くありません。甘味と旨味が非常に良いバランスの伝統の逸品です。
(夏場は醗酵が進む関係で若干酸味が強く感じられることもあります)

『タイプによる私見ランキング』

富山に生まれ住んで20数年、30種類を越えるます寿しを食べ比べてきた管理人が独断をもって公表するデータです。是非、有効にご活用して頂けると幸いです。

※下記のランキングはあくまで一個人の味覚と感性・嗜好の結果です。

バランスタイプ。 とりあえずおいしいます寿司を食べてみたい方向けランキング

脂分 固さ 塩分 酸味 シャリの固さ 酸味すべてがバランスよく作られており、手に入れやすいものを厳選。

うま味系ランキング

甲乙つけがたいものばかりですので、あまり順位にこだわる必要はないかと思われます。

1 2 3

関連まとめ