勘三郎さんの妻役が、さんまの元妻の大竹しのぶだったのだが、さんまがバツイチの京都の旅館の店主役という設定で、離婚したことの恨みつらみを延々と話し、勘三郎に「あんたの嫁はんよろしいな」と言って画面が切り替わったら大竹のアップが映る、という演出が提案された。

前へ 次へ