1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

あなたの家は大丈夫?家庭で気をつけたい菌・ウイルスの感染経路!

家庭が菌・ウイルスに感染する場所として意識をしている人は4%だそうで、じつは家のいろいろな場所が周りの家族へのウィルス感染経路になっているかも!

更新日: 2014年01月18日

167 お気に入り 65661 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chat01574さん

■ 自宅がウイルスの感染源と考える人は少ない!

ウイルスやばい菌は外から持ち込むケースだけでなく、家の中にも潜んでいる。なかには思いもよらない場所で、大量のばい菌が潜んでいる場合も。

ご家庭が菌・ウイルスに感染する場所として意識をしている人は4%

病原体は目に見えないので汚染された感染源がわからない場合がほとんど

家の中でも様々な場所が感染経路になっています。

■ まず、みんなが触れる可能性が一番高い「ドアノブ」

ドアノブなどは新型インフルエンザ患者も健康な家族も皆が触れる場所

いろんな汚れの付いたいろんな人の手で触られているドアノブは、意外と汚れているもの

除菌スプレーやアルコールなどで拭くと殺菌できますから、触れたところはグッズを使ってウイルスを退治するようにします。

■ なかなか丸洗いできない「ソファ、クッション」

最近はドラッグストアやホームセンターなどに行くと数多くの除菌スプレーや消臭・殺菌スプレーなどが数多く出回っています。

スプレータイプであれば、ソファーやカーテン、また衣服などにも噴射して風邪菌をやっつけることができる

■ 子供がちょくちょくチャンネル回す「リモコン」

リモコンなど共有して触れる箇所は、アルコール除菌とかなされたほうが万全

こういった場所では菌が繁殖することはありませんが、もし病原菌が付着していれば、病気に感染するリスクがありますね

■ 結局、手を経由してウイルスは広がっていく!

実は、風邪やインフルエンザなど、病気を引き起こす感染症の多くは、“手”を介して体内に侵入することが多い

患者の咳やくしゃみによって手に付着して拡大していきます。したがって、不特定多数の人が触れるドアのノブや電車の手すりなどが要注意です

人の手から手を介してインフルエンザウイルスが広がり、食事やくしゃみなどのタイミングで体内に入ってしまう可能性は非常に高い

■ だから、「手洗い」は何よりも重要!

加湿器や空気清浄機を使うといった対策をとる人を見受けますが、多くの人が見逃しているのが、正しい手洗い

きちんと手洗いをしているつもりでも、よく観察してみると、水でサッと濡らすだけで終わってしまっているようなケースも見受けられます。

1 2