1. まとめトップ

八幡馬って何!?

日本三大駒のひとつ、八幡馬って結局なんなのかまとめました。

更新日: 2014年01月18日

2 お気に入り 19783 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Slevn7さん

日本三大駒とは

日本三大駒とは宮城県の木下駒、福島県の三春駒そして青森県の八幡馬のことを指します。

八幡馬(やわたうま)はラッキーアイテム

幸運のお守りとしてスウェーデンのダーラナホースが有名ですが、八幡馬も幸せを運んでくれます。

八幡馬は700~750年ほど前に青森県八戸市で生まれた伝統工芸品です。

鎌倉時代からある神社、櫛引八幡宮(くしひきはちまんぐう)で
参詣者のおみやげとして売られるようになりました。

今では福を呼ぶ馬としてお祝い事の記念品として親しまれています。

八幡馬は他の2つとは違って、胸や腹に丸みがあるのが特徴です。

カツラやヒバなどの木材を削り、黒く染めた麻の繊維のタテガミをつけ彩色していきます。

じゃあ駒って何!?

「駒」とは子馬のことです。

三大駒なのに八幡馬だけが「駒」じゃない!

八幡馬には大人の馬もあります。

だから八幡「馬」なんです。

古くは親子セットで売られていました。

模様に意味はあるの?

オノとノミで形取り、様々な模様が付いた紙を貼り模様をつけます。

八戸市にちなんだものがデフォルメされて模様になっています。


上段:八戸南部藩の初期の家紋「武田菱」

中断:南部地方の特産物である食用菊

下段:八戸市の鳥であるウミネコ


そして、なんとも愛くるしい顔つき。

点星は鈴を意味します。

八戸南部藩の家紋「向鶴(むかいづる)」も忘れずに配置。

閑話休題 八戸市では盆踊りの曲も「八幡馬」

形もさまざま

マトリョーシカのようです。

山の神様の使いである猿が乗っています。

洋間に合わない、そんなときは

八幡馬にも新しい風が吹いています。

従来からあった白色を、ほんのり水色にしてキュートに仕上げています。


こちらは八戸市出身のグラフィックデザイナー田名部敏文さんデザインの八幡馬です。

背面まできっちり可愛い!

関連グッズ

定番のストラップからあんなものまで商品化されています。

木でできているのでスマホも傷がつきません。

なんでもコラボするキティちゃんも
郷土玩具シリーズでしっかり乗っています。

1 2