まずは、落語家ならぬ“泣語家(なくごか)”の“泣語”を聞く。15年前に旅先で出会った人と偶然再会したという体験談で、最後は泣語家自身が感極まり目頭を押さえて絶句。しかし、観衆は泣きどころがわからず白けたムードが漂った。

出典滂沱の涙できれいさっぱり洗い流す「涙活」の現場[数値化もできる「ストレス」の最新科学]|「週刊新潮」12月19日号[1/1]|Book Cafe 矢来町ぐるり|新潮社

前へ 次へ