「今まで涙活を続けてきた中で、実感したことがあります。やはり映像を使って、目に訴えかける情報の方が人間は泣きやすいんですね。反面、音のみの情報だと想像力が必要となり、そこには受け手の能力が影響します。話だけで泣かせるって、難しいんです。でも、あえてそこに挑戦してみようと考えました」(寺井氏)

出典笑うよりも難しい?泣くために聞く落語「泣語(なくご)」とは(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース(1/2)

前へ 次へ